ブログランキング14

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1453
  • 読者 2243
  • 昨日のアクセス数 22963

小説)虎71

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/09 09:26:15

  • 114
  • 0

久しぶりの翔からの電話。
「そうか……良かったな…ああ、雪ちゃんによろしくな!」

子供か……翔が父親…ふふ笑えるな!

「翔ちゃんから?」
「ああ…」
週末の午後。自宅で蘭子とのんびり過ごす。俺はある程度の仕事を蓮や、下のものに任せるようになっていた。
「もう…5年か……早いな」
「そうだね……で、翔ちゃんは何だって?こっちに遊びに来るの?」
「いや……しばらく無理じゃないかな」
「まぁそうだよね……北海道だし」
電話の内容を思いだし、頬が緩む。
「いや…そうじゃなくて……翔が父親になるんだってよ!」
「…………えー!うそ!?」
蘭子は大きな目を一際大きくさせて、俺を見た。
「だろ?しかも双子だって」
「何それ!双子!?」
「ああ……翔みたいなのが一度に二人……雪ちゃんも大変だ…」
「そうだね……」
隣に座っていた蘭子が、俺にすり寄った。俺の肩に頭をチョコンとのせた。

「子供……欲しい?」
「……なんだよ、急に…」
覗きこんだ顔は少しだけ暗かった。結婚してから、一度も避妊をしていない俺達。それでも子供を授かることはなかった。蘭子はそれを口にすることはなかったし、俺もあえて言わなかった。二人とももう40を過ぎた。
「欲しい?」
「そうだな……欲しくないと言ったら嘘になるな…」
「……」
蘭子の肩を抱いた。
「でもな……それ以上にお前にはいつも笑ってて欲しい……だから、その……治療してまで欲しいとは思わないな…」
「そう……うん…」
「お前はどうなんだ?子供欲しいか?」
「そうだね…欲しいよ、ヤスの子供生みたい……でもね、私も自然にがいい……病院に行ってまで欲しいとは思ってない……もうこの年だし…このまま二人でもいいかなって最近は思うんだ……」
「そうか……案外俺が原因かも知れねーしな?なんだ…種無し?」
「ふふ…何それ」
蘭子が笑う。その笑顔はいつ見ても、かわいい。
「それに……俺はずっとお前を独り占めしたいしな……子供と取り合いたくない…」
「そうだね、ヤスはお子ちゃまだからね……」
蘭子が俺を覗きこむ。
「じゃあ、お子ちゃまにオッパイ吸わせて!」
「もー!昼間っから何言ってるの!」
「蘭子ちゃーん!」
ソファから立ち上がる蘭子の手を掴み、俺の膝の上に乗せた。その体を後ろから抱きしめる。

「蘭子……ずっと愛してるよ…」
俺の手に重なる蘭子の手。
「……うん…私も…」
合わさった手は、いつまでも離れることはなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 二人の間で、子供の話はしなくなった。二人とも欲しいことに変わ...

  2. 「ねぇ、翔さん……話があるんだけど…」 いつもの風呂...

  1. 牛舎の掃除をして、牛たちに餌やりをして、晶子さんと零士さんと...

  2. 毎年届く翔からの年賀状。そこには確実に大きくなっていく子供の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 障がいある子が嫌いな子持ち
  2. 担当医が若くて不安になる子持ち
  3. 不妊女性へのベストな対応は

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3