ブログランキング69

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1747
  • 読者 474
  • 昨日のアクセス数 4653

温泉卓球【271】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/10 15:17:10

  • 30
  • 4

★ボクはそれでも恋をする★       





タクミはラケットを受け取ると、自己紹介を
した。


「梶タクミっていいます。お兄さんたちは?」

「俺はガク」


と、声をかけてきた男が名乗る。それぞれ
卓球台の端にいる2人も


「俺はタイスケ」

「俺カズヒロ、俺ら大学4年で、男旅って
やつ。女子でいうなら卒業旅行」

「ちょっと早いけどな、そっちは?」

「やっぱ、大学生?」


タクミは3人を見渡して、笑顔で答えた。


「ボクは大学3年生。彼は社会人だよ。
高校の先輩なんだ」

「へぇ。大学はどこ?」

「壬生福祉大学」

「は?めっちゃエリートじゃん」


3人は驚いて目をパチパチする。


「お兄さんたちは、どちらですか?」

「日野福祉大学」

「えぇ~~~~!そっちこそエリートじゃん」


お互い日本有数の福祉大学の学生という
事で、もう卓球なんてそっちのけで、色々
話し始めた。


専門は何か?とか、研究室の教授は誰?とか
卒論のテーマとか、今時の福祉についてとか。

話しかけてきたガクは、タクミのそばで
たまに肩や腕、髪に触れ少し馴れ馴れしい
感じがした。


「あっちの彼は、タクミンの何なの?」

「何なのって……言われても…」

「だって、さっきからチラチラこっちを
伺ってるんだ。俺がタクミンに触ると
怖い目でにらむの」


タクミは1時間以上、リキをほったら
かしておしゃべりしていた事に今更
気づいた。


「だから、普通に先輩」

「そういう風には思えないな」


ニヤリと笑うガクの肩をタイスケが
抱き寄せる。


「ガク、タクミンにちょっかい出しすぎ」

「そうだそうだ!可愛い男子をみると
すぐこれだ」


急に3人が醸し出す雰囲気が変わった。


「タクミンも組合員なんだろ」←判る?

「俺らもそうだから、判るんだな~」


タクミは観念した。


「はい、お察しの通りです」


タクミが認めると、ガクがタクミの手をとり
リキに見えるように、手の甲へキスをした。






同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5391881・10/12

    ベネデッタさん

    大好きだなんて、嬉し過ぎます。
    (///ω///)♪(///ω///)♪(///ω///)♪

    どんどん重箱の隅っこ、ツンツン
    してくださいね。
    ありがとうございます。

  2. ベネデッタさん(99歳)ID:5390182・10/12

    エリス先生 何十年前にしかも滅多にない貴重な花丸を頂けて照れてしまいますぜ!

    これからも頑張ってしつこいくらい(ヨミヨミ)しますね。
    私エリス先生もこのブログ 大~好きです。

  3. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5385910・10/11

    ベネデッタさん

    そうそう、そうです。
    よく覚えていらしゃいました。
    花丸あげます。

    ショウタと絡めるつもりは
    ないので(多分)ご安心を……

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 女性と絡む彼を注意したら逆ギレ
  2. パニック障がい自力で治したい
  3. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3