ブログランキング61

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1655
  • 読者 2420
  • 昨日のアクセス数 4120

小説)虎69

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/08 17:25:39

  • 110
  • 0

それから数日後、婚礼の儀が行われた。俺は蘭子の組とオヤジの組の組長を兼任することになった。蘭子の組の若頭はもちろん蓮だ。

組といっても、堅気の仕事がほとんどで、いくつかの会社を経営している。それと同時に夜の仕事。店の売上管理もある。俺は家に帰れない日が続いた。それでも蘭子は何も言わなかった。そうなることは多分わかっていたからだと思う。

俺ももちろんわかっていた。それでも顔が見れないのは、やっぱりさみしかった。そんなことを思っても、どうすることも出来ない。

「ヤスさん」
「蓮か…どうした?」
事務所で書類に目を通していると、外から戻ってきた蓮が俺のところへ。
「今日はもう帰ってください!」
「いや、まだこれが…」
「ヤスさん!今日は蘭子さん…いや姉さんの誕生日ですよ!」
強い口調で蓮が俺に詰め寄った。
「……そう…だったな……忘れてたわ…」
大きくため息がこぼれた。蘭子の37回目の誕生日。去年は二人で食事をして、ピアスをプレゼントした。もう日付は変わろうとしていた。
「今日中に帰ってあげてください…」
「……そうだな…」
身支度をして事務所で出る。

蘭子の携帯を鳴らした。
「もしもし…」
「蘭子…今から出かける、支度できるか?」
「う…うん……どうしたの?」
「あーいや…その…まぁいいから!」
誕生日祝いをしたいなんて、言えなかった。いまだに蘭子の前では、格好いい俺でいたいと思ってしまう。
「……わかった」
用件を伝えるだけの短い電話をきる。

「さて……どうするか…」
そう言ったものの、何も浮かばなかった。とりあえず、自宅へ向かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. お墓参りをすませ佐久へ向かった、、、五稜郭。2本...

  2. 記録4

    2014/06/06

    D3→36.23 クロミッド半錠D4→36.53 〃D...

  1. Just a pas...

    2016/07/07

    I guess I am too stupid.I on...

  2. 実感が沸いてきて顔が熱くなってきた。トシキ「ゆいち...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/20 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3