ブログランキング3

1番大切な人へ

大切な人はあなたでした

  • 記事数 637
  • 読者 4016
  • 昨日のアクセス数 94761

陸上部のピンチ

しおりをはさむ

2016/10/14 19:57:22

  • 369
  • 0

あつと「お前さー、正樹だっけ?
正樹はそれで部長として何かした?
声かけるとか。」

私「あ、正樹くん。彼はね」と
紹介しようとすると

正樹「大崎 篤人さんと宮田隼人さん。」
私「よく知ってるね。笑」

正樹「知らない人いませんよ。ゆいさんも
含めて。笑」

あつと「確かにゆいに頼むのも1つの手だけどな
人に頼る前に、自分でも人数増やす努力
しないとな。」

正樹「はい!ありがとうございます」

隼人「ゆいちゃん、今から行ってあげたら?
ていうか、俺とあつとも運動不足だから
一緒に行くわ。笑」

あつと「おー、それナイス。笑
正樹それでいいか?」

正樹くん
感激でしどろもどろ。笑

ということで。

私は体操服や部活着を
持ってないので
その日は制服で参加。笑

あつと、隼人も
制服で。
でもあつとが
「ゆい、お前スカート短いので
走ったらおパンティ丸見えだぞ。笑
俺には見せていいけど
後輩にはマズいだろ!だから
俺のジャージ貸してやるよ。」

私「おパンティって、あつと変態!」

隼人くん爆笑。



結局私は
あつとのジャージの下は
ブカブカで無理だったので
上のジャージを借りた。
それも膝上まであったので、
スカートを押さえることができた。

「あつと、ありがとう。」



あつと「うわっ!!何!?ヤバ!ゆいのジャージ姿
ヤバくない?ブカブカでかわいい!」

隼人「ゆいちゃんめちゃくちゃ似合う。笑」

私「ありがとう。笑」

借りたジャージは
あつとのいい匂いがした。

あつとのいい匂いに包まれながら
さあ練習開始です。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 新人を虐めて退職に追い込む独女
  2. 夫と同棲する女性に慰謝料請求
  3. 30代がカチューシャしたら痛いか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3