看護師への道。そして毒親のこと。

私が看護師になるまでの話。に続いて毒親話で(^^;毒親育ちのアダルトチルドレンの私。

  • 記事数 327
  • 読者 128
  • 昨日のアクセス数 454

丁寧に生きる。

しおりをはさむ

2016/10/08 04:49:28

  • 18
  • 0

私はガサツな性格だと思ってた。
でも
そうじゃないんだと最近思う。

「どうせ私なんて…」

という自信の無さと、将来に明るさを見出だせない不幸感が
長い年月を掛けて作り上げた行動だったのかも。

毒親の絶対的な存在は
生きていく上で
複雑に自分の人生を歪ませる。

毒親から離れて
心のモヤが薄れてきた今、
もっと自分の事を大事にしたいと思うようになった。

そう思い始めたら
行動のひとつひとつが
自然と丁寧になってきた。

私の人生は半分、いや、それ以上
毒親から支配されていたんだと思う。

自分で決めてきたと思っていた事も
頭の隅には常に毒親が居て
親の反対を受けない行動を選択していた。

だから、ずっとストレスの中で生きていたのだろう。
それがいつも自暴自棄的な行動になって表れていたのだと思う。

今は全てが自分の思い通りで嬉しい。

だから、自分を大事にして丁寧に生きて行きたいと思う。

毒親の存在が無かったら
確実に私の人生は違っていただろう。

そう思うと
神様を恨みたくなるけれど

愛するタツヤと子供達に出逢えたことは
最大の救いだ。

タツヤと出逢えていなかったら
今ごろ私は死んでいたと思う。

死ななくて良かった。
殺さなくて良かった。

ギリギリのところに立っていたから
自殺する人の気持ちも
親殺しを犯す人の気持ちも
よくわかる。

自分を愛せなければ
幸せにはなれないということ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    まいこ

    記事数 293 / 読者数 822

  2. 2

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 455 / 読者数 2246

  1. 3

    MyhoneyCin...

    13時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16867 / 読者数 3954

  2. 4

関連するブログ記事

  1. いま生きていることさえあたりまえそう思う人もい...

  2. 人間のサイボーグは既に頭脳さえ残ればとことん作れるらしいの...

  1. 愛し方。

    2015/06/26

    親に愛されたとおりに人を愛するようになるものよそう言わ...

  2. 怖い事が多すぎて考えはじめたら背筋がゾッとする。立...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/21 編集部Pick up!!

  1. 小姑の作った菓子から出てきた物
  2. 24歳息子が黙った母親の発言
  3. 30代のデートで割り勘は普通か

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3