ブログランキング4

1番大切な人へ

大切な人はあなたでした

  • 記事数 672
  • 読者 4090
  • 昨日のアクセス数 82744

2016/10/14 17:45:10

  • 378
  • 0

夏休みが終わり
2学期が始まった。


始業式が終わり
あっと言う間に下校。
部活動が3年はないので、みんな
家に帰ってゆく。

何となくすぐに帰るのも寂しいので
あつと、隼人、私で木陰で
話をしていた。

すると1人の男の子が
そこにやってきた。

陸上部の後輩で今部長の
2年生西村 正樹くん。

正樹「ゆいさん,こんにちは!
お久しぶりです。向こうで部活していたら
姿が見えたので。ちょっとお話しあるんですけど
今いいですか?」
と言われた。

私「正樹くん!がんばってる??
今大丈夫だよー。」

正樹「陸上部のことなんですけど。」

私「・・・何かあった?」

正樹「実は,1年生たくさん入部してきたじゃ
ないですか?」

私「うん。」

正樹「ゆいさんが,引退してから
辞める人もいるし,幽霊部員の子が
めちゃくちゃ増えたんですよ。」

私「え?そうなの!?」

正樹「はい。今1年でちゃんとまじめに来てる
子って3人です。」

私・・・あ然。

正樹「俺らの学年も少ないんで
3年生引退されてしまってから,みんな
やる気が全然なくなってしまって・・・。」

ものすごく申し訳ない気持ちになった。
私が騒がれ,有名になり
たくさん入部した陸上部は
存続さえ危ぶまれるような状態だった。

私「正樹くん,ごめん!!
私が騒がれたからだよね。申し訳ない。」

正樹「ゆいさん,たまにでいいので
陸上部に走りに来てもらえませんか?
そしたらまた戻ってくるかもしれないんで。」

そこまで黙って聞いていたあつとが
口をひらいた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そんな感じで、結局、仲直り…というかちゃんと話すらできない...

  2. 隼人くん何で知ってるんだろ?そう思ってるとかおるは続けた。...

  1. 一学期

    2014/09/28

    ここまでの話は高校に入学してから7月までの一学期の話です。...

  2. 全校集会や運動会。あたしたちは地味ーに地味ーに活動してい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 友人彼氏が生活保護と知り呆れた
  2. 義母に人格否定されていて悲しい
  3. 過疎化が激しい地域で悩む子育て

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3