ブログランキング12

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1012
  • 読者 1185
  • 昨日のアクセス数 27799

750 小さな手

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/10/07 17:03:38

  • 148
  • 8

なんとも言えない気持ち。
話す言葉もない。

今日、マキちゃんがまた晴美のところへ行った後、洋平と昼を摂って居た時、事務所に電話があった。
相沢洋平と名指しで。
昨日の電話の人、そう思った。

けれども洋平には覚えがない。それで会うことになって、私にもついて来いとの事、いいのか悪いのか。

約束の場所はあるオープンテラス。
駐車場に車を止めて歩く間もなんか気が進まなくて、遅れがちになる私に

『絶対に間違いだからちゃんと見届けてくれ。』

そう言った洋平。うん、間違いだとは思う。
思うけど、なんだろう、この気持ち。

アイボリーの長袖ワンピース、子どもはグレーとピンクのワンピース、それが目印。

どんな服装かと聞いた時、それを言わないとわかってはもらえないのかと言われたらしい。

少し風があるけれど、陽の当たる一角でそれらしい親子が見えた。
フット足が止まってしまった。
陽の光の中でなんだか眩しく見える。

2、3歳か、笑いながらなにか母親に話しかけている。どこにでもいる親子の風景。
それからどんな話しになるのかと思えば少し憂鬱だ。好い話しには決してならないはずだから。
立ち止まった私を洋平が促して、その親子に近づいても、ふたりは気にもしない。
そうだよね、待ち人は私たちなんかではないのだから。

『相沢です。』

それでやっと洋平をみた。

『のぞみさん?』

子どもを手元に引き寄せると、大きく頷いた。

『相沢洋平、さんなんですか?』

『ええ、◯◯◯事務所の相沢洋平です。』

『そんな‥‥‥‥私が知ってるのは、もう少し若くて。
あ、ごめんなさい。
違う人です。私の、この子の父親の相沢洋平は。』

なんとも言えない空気が漂った。なにもわからないその子だけが交互に私たちの顔をみている。

罪だな、この子を産ませた男も産んだ女も、大きな罪をつくってしまった、そう思う。

『話しを聴いてもいいかな?』

『私、なにか飲み物を買ってくる。』

そう言って売店へ行こうとしたら、

『私もなにか飲みたい。ママ?』

『連れて言っても?』

母親に尋ねた。

『すみません。あ、これ。』

そう言って財布を出そうとするので

『(教訓)なにかアレルギーはありますか?』

『いいえ、特にはありません。』

『じゃ、おばちゃんと行けるかな?』

嬉しそうに笑って頷いた子の手を引いた。頼りない小さな手。
小さすぎる手が私の手をしっかり握った。

同じテーマの記事

コメント8

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5356096・10/07

    ユリエさん
    本当に最低です。
    なんの為に、何がしたくて、
    そう思いますが、間違いではなく、相沢洋平と言うのも、あるかもしれません。
    でも事務所は利用されました。

  2. しのぶさん(99歳)ID:5356042・10/07

    ヒロさん
    洋平の携帯は知らないようで、一度もかかってはきていません。
    事務所も名前で探したようです。

    一応、なんとかページには載せているので。

  3. しのぶさん(99歳)ID:5356022・10/07

    ヴァネッサさん
    名刺ではないようです。

    何が目的なのかはわかりませんが、今後もあるようならなんとかしないとね。
    腹が立ってます。

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 不妊治療する人は金持ち多いのか
  2. 友人より男を優先する女性に苛々
  3. 彼30代がケチで結婚指輪が1万円

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3