move along

カッコいいけど、恋には臆病な十和。ガサツで女の子らしくない一瑚。 双子の恋愛模様

  • 記事数 79
  • 読者 203
  • 昨日のアクセス数 82

side Towa #26 彼女の事情

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/07 07:55:44

  • 37
  • 0

まさか…と、頭は否定してるのに、体は一目散に教室を飛び出していた。

「十和くん?」

カコが驚いたように僕を呼び止める。

けど、振り向く余裕も、返事をする暇もなかった。


階段を駆け下りて、校庭を突っ切って、一直線に走る。
あとから思えば、そんなに急ぐ必要は、何処にもなかったのに。


彼女まで50センチのところまで、距離を詰めて、確信する。


やっぱりそうだ。蘭さんだ。

ホームで抱き抱えた時の、腕の重みと彼女の柔らかさが、
突如蘇って、ダッシュで上がった心拍数が更に上がった。


大きく深呼吸して、乱れた呼吸を整えて。
僕は半信半疑で彼女の名を呼んだ。


「蘭…さん?」

僕が呼びかけると、彼女は訝しげに僕を見た。


そういえば、僕が助けた時、彼女は既に意識なかったから、
彼女にとっては、僕は初対面なんだ。


「相沢十和くん?」

「あ、はい」

名前を尋ねられて、ばかみたいに頷くと。

彼女は手にしてた紙袋を、僕に押しつけるように渡してきた。


「お姉が礼に行け、ってうるさいから…」

お姉、って…ああ、凜さんか。


けど、彼女の表情は忌々しげで、お礼を言ってる感じじゃない。


「え、っとあの…お礼ならもう、十二分に」

「それは、私から!」

やっつけ感満載で彼女は言って、立ち去ろうとする。


彼女のしてくれたお礼に対して、
こっちも感謝しなきゃいけないのかもだけど。

それにしてはなんつーか…




態度悪すぎじゃない?


お礼を言われた側の僕が、どうして不愉快にならなきゃいけないのか。


「待ってよ」

僕から離れようとする彼女の前に回り込んで、立ちふさがる。

「僕、なにか悪いことした?」

正面切って尋ねると、彼女は僕を思い切り睨みつけてから。
か細い声で、呟いた。


「…のよ」

「え?」

「なんで、助けたの?」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 校内に入った階段で、蘭さんは僕に気がつく。「え、ちょ、...

    move along

    • 34
    • 2
  2. 僕は改めて、やっぱりね、人生なんかこんなものさ、、、、   ...

  1. 理桜の呼び名は「ily」「いりぃ」はILOVEYOUの意...

  2. 「なんでって…」なんで、そんなこと聞くの?って、逆に問...

    move along

    • 36
    • 5

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 「童顔」で損したこと得したこと
  2. スーパーのカート押して帰る女性
  3. 上司の妻のドヤ顔発言に疑問

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3