叶わない片思い。

結婚式前夜、私の片思いが始まった。

  • 記事数 41
  • 読者 78
  • 昨日のアクセス数 10

藤原さんの提案

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/07 06:21:36

  • 18
  • 2

藤原さんは週に1、2度はお店に
顔を出してくれ晩御飯とカクテルを注文し
仕事以外の話をした。


無理矢理に営業しないことが
有難かった。


数週間が過ぎた頃、
彼の仕事の都合も考えてお店に来てくれた時
外の以前待ち合わせしたカフェで待ってもらい、仕事を引き受けることを返事した。


「正直、ダメかと思ってたよ。
でも、引き受けてくれてありがとう」


藤原さんはコーヒーを飲んでカップを
ソーサーにゆっくり置いて笑みを浮かべた。

「いえ…私こそお待たせしてすみません。
どうしても新たなことを始めるのに躊躇して
しまって。でも、藤原さんもいるし
大丈夫かもと思えて」


「不安なことがあったらすぐ相談のるから。
そうだ、今度の日曜日空いてるかな?
もし仕事早く終わるなら新しい商品を
作らない?」

「え…?」


「実はもう時間があまりなくて
提供するカクテルで定番の物と
新商品を使ったカクテルを作って
出したいんだ」

日曜は客足も少ないため
いつも早くお店を閉める。
藤原さんもそれを知っていた。

「それは、大丈夫ですけど…でも、
私が作ったオリジナルなんて大丈夫なんで
しょうか?」


「大丈夫だから声かけたんだよ。出来なければ初めから誘わない。じゃあ日曜、仕事終わったあとにお店に行ってもいいかな?」


「大丈夫です。藤原さんこそお仕事
お休みなのにわざわざ済みません」


彼はふっと笑ってコーヒーを再び飲んだ。
「なに気を遣ってんの。
俺からお願いしてるのに。
むしろ、こちらこそ早く帰れる日に
申し訳ない」


私は頭を横に振り少し笑う。
次の週末に約束して会うことになった。
レシピ、考えておかなきゃ…



それから通常の営業後に
藤原さんの会社で取り扱ってる商品を
教えて貰いながら、いくつかの
テイスト案を提示してもらい
その中からオリジナルの配合のレシピを
考えた。


藤原さんの会社で扱っている商品は
わりと若い層にも人気がある銘柄と
コアなファンが多い銘柄。
どれもタイプが異なり口当たりのいい
カクテル作りは難航する。


やっと、数点出来たときには
お店の外が明るくなり驚く。


いつ以来だろう、こんなになにも考えず
夢中になったこと…
今夜、藤原さんがお店に来る。
帰って少し寝て体調も整えないと。


なんだかワクワクする気持ちと
緊張感のままお店を閉めて帰宅した。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ミオさん(37歳)ID:5354082・10/07

    シエナさん
    コメントありがとうございます!
    これからはマメに更新させて頂きますね(*^^*)

  2. シエナさん(99歳)ID:5354038・10/07

    更新待ってました〜(^-^)

関連するブログ記事

  1. 選択

    2014/11/12

    会社近くの雑貨屋をうろつく光輝ビシッとスーツを着た男が居...

    move on

    • 19
    • 0
  2. お店から2、3分歩いたカフェで藤原さんに待ってもらっていた...

  1. 稜弥『真咲…どんな飲み方したんだ?』真咲『それが…ペース...

  2. ……… 朝比奈さんに近づき「お...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 明日、夫に離婚届を突きつけよう
  2. ママ友いないと子が可哀想なのか
  3. DQNと言われた女性の紫子さん

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3