ブログランキング15

Hypnotic

17歳の寄り道。

  • 記事数 246
  • 読者 1661
  • 昨日のアクセス数 25159

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/06 19:42:58

  • 116
  • 0

家の前に着き、浅野君の背中から手を離して下りた。
前かごに入れていた鞄と袋を浅野君が取り上げて渡してくれた。


「今日はホントにありがと…」

「別に、礼言われるほどじゃねーし」

悪ぶる彼はどこか恥ずかしそうにも見えた。


「明日、迎えにくるから。寝坊すんなよ」

「浅野君のほうが遅刻ばっかしてんじゃん!浅野君が遅れたら私も遅刻になっちゃうよ」

「そうなったら一緒にサボる?」

「サボらない」


不安が残る約束ではあったけれど、浅野君はそう言いながら来るんじゃないかと思った。
村上先生が言っていた、素直な部分を、私も何となく感じ取ったからだ。


街灯に照らされる彼の薄茶の髪が風に揺れ、浅野君は「じゃーな!」と帰って行った。




家に入ったら、「あおいちゃーん」と弟の凛太が駆け寄ってくる。

「ただいま、凛太」

いつものようにハグしていたら、
「なによ碧、遅かったねぇ」
と母がキッチンから顔を出したが、私の服装を見てすぐに眉をひそめた。

「何その服?制服はどうしたの?」

「…美術で汚れたから着替えたの、お風呂入っていい?」

「いいけど…あっ、凛太!早くご飯食べちゃいなさい!」


ご飯中に帰ってきたので、食事の途中で玄関まで迎えに来てくれた3歳の凛太。

手を焼く事もあるけれど、とてもかわいいと思っている。母は仕事以外の時間は凛太の世話で大変そうだが。



すぐに制服を手洗いしてから、ドライコースで洗濯機をセットする。
その間にお風呂に入ろうと浅野君の服を脱ぐ。
さっきからずっと私をふんわりと包むこの香りに、心が落ち着くのを感じた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 凛太を抱きしめて眠っていた。家の前に車が戻ってきた音で目が...

    Hypnotic

    • 247
    • 0
  2. 「つーかセンセー、こんな状況でよく笑えるな…」何か言い返...

    Hypnotic

    • 194
    • 0
  1. 遥が来た。前は窓からだったけど、今回はちゃんと玄関のドアを...

    Hypnotic

    • 254
    • 0
  2. 67

    10/19

    程無くして、凛太と母が帰ってきた。「急いでご飯作るからね...

    Hypnotic

    • 126
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 出産してから変わったこと
  2. 義妹に「敵対視」され完全無視
  3. 義母の声掛けに実母が大激怒

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3