やわらかく、強く

ちょっと大人の、ビターな恋愛小説です。

  • 記事数 85
  • 読者 26
  • 昨日のアクセス数 14

境界線(80)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/05 20:48:40

  • 5
  • 0

「えー、なになに?」
隣のテーブルから鼻にかかった声で割り込んできたのは、斉藤和江。一つ年下で、東海地区担当の女性SEだ。

正直、そこまで美人とか可愛いタイプではないのだが、色白でぽっちゃりした体型と、物おじしない性格でおやじどもを手玉に取り、ミドルキラーという異名を持つ。

「佐々木さん、バイク乗るんだねー。」
斉藤和江は佐々木の手元に戻ったスマホを覗き込むように佐々木に体を寄せた。
前かがみになった斉藤和江の胸元に思わず目がいった。
彼女は緩めのVネックのインナーを着ているせいで、彼女の白く柔らかそうなふくらみが見えてしまっていた。

なるほど、確かにミドルキラーである。

斉藤和江は緩んだ胸元を気にした素振りもなく、しばらくその体勢でいたので、俺はその膨らみが気になりながらも、斉藤和江から視線をそらした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. アブドゥールが私の後頭部の傷痕を見ようとした時にジェニファー...

  2. 彼女は私は赤い唇の口角を上げ、ニヤリと笑った。瞳には何も映...

    戯言

    • 0
    • 0
  1. 朝、いつものバスが混んでいた。この時間帯、いつもは空いて...

  2. 『野島あいです。東京本社で事務をやってます。』ペコリと頭...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/23 編集部Pick up!!

  1. 苦情言おうか迷った担任の行動
  2. 50代女性のSNOW自撮り見て苦言
  3. 彼が鬱病患っていたと知り心配

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3