ブログランキング31

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2446
  • 読者 585
  • 昨日のアクセス数 8261

運転免許【162】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/05 17:47:11

  • 44
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★      





車に乗り込み、いざ出発。

リキは無駄のない動きで運転を進め、
信号待ちでナビのスイッチを入れた。


「ねぇねぇ、どこへ連れて行って
くれるの?」

「山科の奥の方へな」

「ふ~ん。どんなところなんだろう。
楽しみだなぁ」


ワクワクするタクミとは反対にリキは
どこかボーっとしている時がある。


「リキ、信号が青だよ」

「あ、すまん」

「どうしたの?疲れてるの?ごめんね。
ボクが運転免許持ってないから、かわっ
てあげられなくて」

「そんな事はいいんだ。有料道路に
入ればクルーズコントロールが使え
るからな」

「休みながらでいいからね」


タクミはアームレストに乗っている
リキの手に触れた。


「ありがとう、タクミ」


有料道路に乗ると、今度はタクミが
ボーっとし始める。
前を見ているのだが、瞼が重くなり、
時折、頭がカクンとおちた。


「タクミ、寝てていいぞ」

「やだ」

「お前も実習で疲れてるだろ。着いたら
おこしてやる」

「やだやだやだ」


とは言うものの、会話が途切れると
また瞼が重くなり、ついに眠って
しまった。

リキはステレオの音量をさげ、エアコン
の風を弱める。


「寝顔も天使だな」


それから3時間ほど走って、目的の
温泉宿に着いたのだった。



「運転は 60分で 休憩を」
             神 心の川柳




「タクミ、ついたよ」

「にゃ?」

「ぐっすりだったね」

「やっぱり寝ちゃった」

「フフフ、可愛かったよ」


リキはトランクから2人分の荷物を
おろし、宿の玄関へ入っていった。





△<(_ _)>

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 車の運転にうるさい!あまりのうるささで、ケチ星人が乗る時...

  2. 接待

    2014/05/30

    しばらくすると青木さんが車に乗ってやって来た。私は...

  1. ふう

    08/22

    何年ぶりだろ?車を運転して、お出かけ。レンタカ...

  2. 314 配達

    2016/05/13

    .克ちゃんに、迎えは嫌だと言ったけど、車に乗りたくってウ...

    雪月花

    • 30
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/22 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3