小説と愚痴時々子育てブログ

気まぐれに小説とか愚痴とか子育てのお話を。

  • 記事数 287
  • 読者 22
  • 昨日のアクセス数 955

小さな鼓動 19

しおりをはさむ

2016/10/05 11:45:49

  • 4
  • 0

私は、妊娠発覚から手術後の診察まで、病院にはずっと一人で行った。
着いていくというナツくんの申し出を拒否した。


着いてきてもらうことに何の意味もないと感じたから。


それに、ナツくんは妊娠が分かってから
ほとんどご飯も食べられず
そのくせずっと吐いていた。

精神的に弱いタイプなのだ。

ナツくんにはきっと耐えられない。


心を殺した私は毎日をただ淡々と過ごした。

ナツくんは日に日に自分を責める気持ちが強くなるようだった。

私に、
「いつか俺を捨てるんじゃないか」
「俺が悪いと思ってるだろ」
「俺がいなかったらその子を産んだのか」
というようなことをしょっちゅう聞いてきた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 生理予定日に、妊娠検査薬に反応があってから10日間。つわ...

  2. 病院から帰ってきて親にバレないように、枕に顔を押し付けて声を...

  1. あとで気付く。あ、いまの胎動かな??ん??って感じ。...

  2. タイミング療法で、妊娠に至らなかったので、次の段階である人工...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. 子が成人になり即離婚した夫婦
  2. 産休を全消化して産休明けに退社
  3. バツ1の彼の元嫁から嫌がらせ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3