忘れないで

初恋から オトナになるまでの恋愛を書いています。登場名は もちろん偽名ですが(笑)

  • 記事数 1642
  • 読者 1971
  • 昨日のアクセス数 1265

a day in our life 210 じゅん

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/16 17:09:00

  • 258
  • 0

ホワイトデーの真近のお休み

久しぶりに 翔ちゃんと旅行に来ていた


静岡

じゅん:「翔ちゃ〜ん
遠いね( ; ; )」

翔:「何言ってんだよ
熊本の婆さん家の方が どんだけ遠いか(笑)」

じゅん:「まーね〜 確かに

あっ‼︎(((o(*゚▽゚*)o)))」

富士山が見えた‼︎

それも かなりの大きさ

高速の坂を登りきると 一気に富士山が姿を現した


じゅん:「凄い‼︎こんなの初めて見た〜」

携帯を取り出し 綺麗な富士山をカメラに収めた

じゅん:「富士山見えたから もうすぐ?」

翔:「まだ けっこうかかるかな」

じゅん:「そーなの?」

それでも たわいない話をして高速を降りると 看板がチラホラと見え出した

入り口でチケットを買う

中に入り 車を停めると翔ちゃんが固まってる


じゅん:「翔ちゃん?」

翔:「いや‥行こう‥」

車から降りて 慌てる様に私の手を繋ぎ その場を去りたい雰囲気

すると 隣に停まっていた車の助手席の人が 車から降りた

:「翔 !!」

女の人が翔 と呼び止めた

翔ちゃんは 無視して そのまま歩き出す

じゅん:「翔ちゃん…あの人 呼んでるよ…」

翔:「いーんだよ。もう関係ねーから」

振り向くと 目を真っ赤にして翔ちゃんを見ていた


そう

さっきから 前の車のナンバーが同じ県の人だね〜なんて 話してた

日頃 会わないのに こんな初めて来た場所で 知り合いに会うなんて…

それから女の人は 一緒に来てた男の人に肩を抱かれて佇んでいた


なんだか どよーんとした空気になってしまった


翔ちゃんは 私の気分を上げるために いろいろ話しかけてくれるけど 私は あの人の真っ赤な目が忘れられない

あの人は いつかの私…


そんなコト 思ってしまって…


サファリパークは 動物型のバスは お昼まで予約でいっぱいで 結局 翔ちゃんの車で回るコトにした

無言の車の中 …


翔:「気になる?…」


唐突に翔ちゃんが 私に話題を振った


じゅん:「… うん。」


翔ちゃんは はぁ〜… って 深いため息をついた後 話だした

高校生のとき 私を階段から突き落とした女の人が あの人だと教えてくれた

あの時以来 1度も会うコトはなかったのに なんでこんな所で 会っちゃうんだろう…って


あの時の人

憶測だけど やっぱり あの人は翔ちゃんのことは 本気だったんだと思った


じゅん:「…幸せになっていて欲しいね…」

翔:「…だな。」


翔ちゃんを あの時みたいに 譲ることは出来ない

私は 翔ちゃんの手をぎゅっと握った


翔ちゃんは 私を見て ふっと笑うと私の頭を寄せて おでこにキスをしてくれた


結婚を前にして 今までの行いを見返すきっかけになった


同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 4連休の初日私は前の日から翔ちゃんの家に泊まりに来て居た...

  2. じゅん:「翔ちゃん 手〜繋いで!」運転中の翔ちゃんに頼ん...

  1. じゅん:「ねぇねぇ これが瀬戸大橋?」テレビで見る瀬戸大...

  2. ・じゅん:「あーん(泣)どーしよぅ(泣)」今日は ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. ギャンブルする人に金を貸し後悔
  2. 夫の年収を少なく感じてしまう妻
  3. 義母からの土産が捨てにくく困る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3