ひと夏の出来事

結婚10年アラフォー、子なし主婦のリアルなひと夏の出来事。

  • 記事数 69
  • 読者 22
  • 昨日のアクセス数 24

私のこと 2

しおりをはさむ

2016/10/05 10:40:08

  • 2
  • 0

三度目の転勤をしてから、主人に触れられるのもイヤになった。
その前から夫婦生活は2~3ヶ月に1回あるくらいだったのが、転勤後1度だけそう言う空気になった時、私は本気で「触らないで!!」と振り払ってから、もう3年以上ない。

私は自分の遊ぶお金は自分で稼ごうと小遣い稼ぎ程度のパートをし、スポーツクラブに通ったり、料理教室、裁縫教室に行ったりして気を紛らわせていた。

パート先では私は1番遅く出勤し、1番早く帰るので仕事の後ご飯でも…と言うことも無く、スポーツクラブは昔から地元にあるスポーツクラブで昔からのママ友の中に新参者の私が入ったからと言って、他の人と仲良くなる訳でも無く、料理教室や裁縫教室の人達ともまだ気軽にお茶やランチに行くような仲では無い。

主人の長期の休みに合わせ、実家に帰る時は友達に連絡しまくり、会っては日頃のストレスを発散するかのように喋りまくっていた。

実家に帰った時、私の話を聞いてくれるMちゃんは私の主人に対する気持ちや、夫婦生活も無いことを知っている。

いつだか実家に帰った時「Tちゃん最近綺麗になったよね。彼氏出来たんだって!」とMちゃん。
MちゃんもTちゃんも同級生。
Tちゃんはかなり年上の人と結婚して、子供もいなかったが、ご主人に対する不満?!もあり、彼氏をつくって楽しくやっている、とMちゃんから聞いていた。
「アイちゃんも彼氏つくったら?」そんな事を言われ、どうやって??どうしたら出来るの??なんて話をしていた事もあった。

前回実家に帰った時も「最近アイちゃんどうなの~?」とMちゃんは気にしてくれていた。
私「相変わらずだけど、そう言えば今度おっちゃんとお寿司食べに行くことになった。」と。
M「その人どうなのかな?」
私「まだ何もわからないしね~」

その時は全くその人とのその後の事など考えてもいなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. りっちゃん、本当は私達に寄りを戻して欲しいんだろうなって思っ...

  2. 親友

    05/24

    私が泣き止んだ後、Tと話をした。「こうなった以上、私は黙...

  1. M、ずっと思っててくれたんだ、、、嬉しいようで悲しかった...

  2. 私は親友TがMくんとどんなやり取りをしたのか気になっていた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. あり得ない発言する義叔母が苦手
  2. 割り込みして並ぶ子供にブチギレ
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3