ブログランキング3

1番大切な人へ

大切な人はあなたでした

  • 記事数 653
  • 読者 4078
  • 昨日のアクセス数 93707

あつとのお母さん

しおりをはさむ

2016/10/13 14:08:43

  • 397
  • 2

夏休みに入って
8月に入った頃,
私はあつとの家に向かった。

いつもはお留守の家に
おじゃまさせてもらっているが
その日はあつとのお母さんとご対面。

めちゃくちゃ緊張していた。

1人であつとの家に向かっていると
途中まであつとが迎えに出てくれていた。

「ゆい,緊張してる??」
「うん,してる。」
「ほんと,大丈夫だよ。母さん楽しみにしてるよ。」


見慣れた玄関がいつもと違って見えた。


あつとが玄関を開けた。
「ただいまー!母さん!連れてきたよ!」

あつとのお母さんが玄関先に来た。
「いらっしゃい!!」
私「あの,私・・・」
自己紹介しようとしたら

あつと母
「加藤ゆいちゃん。陸上部。あつとと3年間同じクラス。
でしょ??」

「あ,はい!加藤ゆいです。
あつとさんとお付き合いしています。
よろしくお願いします。」と一応
自己紹介をした。

あつと「ゆい,あがれよ。」
私「はい,おじゃまします。」とあつとにも敬語。

あつとウケてる。
「何で俺に敬語なんだよ。笑」

あつと母「ゆいちゃん,おもしろい子ね。
あつとが言ってた通り。笑」

そしてリビングにおじゃまさせてもらった。

あつとのお母さんはコーヒーを用意してくれていて
いい匂いがしていた。

あつと母「ゆいちゃん。思っていたとおりの子ねー。
会えてうれしいわ。笑
ずっと会いたかったのよ。あつとが心から好きになった
子だものね。」

私「すいません。」と思わずあやまってしまった。

あつと「何であやまってるの。笑」
私「や,だって。私なんかで,ごめんなさいって。」
あつと「またそんなこと言ってるし。」

あつと母「ゆいちゃん,あつとはずっとバスケばかりでね。
心配になるくらい没頭していたの。
バスケ以外であつとが
初めて夢中になったのがゆいちゃんなのよね。
素敵なお嬢さんと出会えてこの子は幸せだわ。」

私「いえ,私も同じ気持ちなので。」

それを聞いてあつとのお母さんはにっこり
笑った。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ユイさん(35歳)ID:5399092・10/13

    ルリカさん
    こんにちは(*´ー`)ゞ
    ほっこりしてもらえて
    嬉しいです♡
    いつもありがとうございます。

  2. ルリカさん(30歳)ID:5399045・10/13

    ゆいさん💕
    こんにちは!今日もほっこりありがとうございます!

    ほっこりし過ぎたのか、最後のお母さんはにっこりを、ほっこりと空読みしました😅

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 実家に兄の彼女が住み着き始めた
  2. 「不妊治療費の高額さ」に苛立ち
  3. 結婚式するしないで日々ケンカ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3