guilty lovers

EP1〜出会い、19〜変化、46〜始まり、60〜葛藤、90〜転落、148〜罰

  • 記事数 332
  • 読者 398
  • 昨日のアクセス数 2007

テーマ:小説 > 男女関係

2016/10/06 09:08:38

  • 65
  • 0

「…昨日私も飲み会で、
偶然山中さんと歩いてる
たかちゃんを見たの。」


長い沈黙の後、大島が呟いた。
おれが何も答えずにいると、
大島は1人でしゃべりだした。


「あの子と付き合ってるの?
なんで?あの子の何がいいの?
私、今でも裕紀のこと諦めてないよ。
入社したときからずっと好きなの。
告白して彼女いるって言われても、
その彼女と結婚するって聞かされても、
それで裕紀が幸せなら、
今はまだ私の出番じゃないって…
裕紀に必要とされる日まで待とうって
決めてたのに!」


色々突っ込みたいことがあるが、
大島は元々思い込みの激しいタイプで、
たまに対人関係でトラブっていた。
また、入社3年目くらいから
仕事のストレスで精神科に
通ってるとも聞いたことがある。
だから、あまり刺激してはいけないと思い、
もう少し様子をみることにした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. リサから私の所に来た理由を一通り聞いて愕然とした・・・...

  2. 牧野さんは他の女の子にも人気がある。背が...

  1. 13

    2016/05/07

    それは突然。「まだ先のことまで考えてないけど、ずっと前...

  2. 悦楽する彼女をみながら私はどんどんエスカレートしたイキ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 「ピアノ講師」が感じる大事な事
  2. 教諭が産休 保護者から不満の声
  3. 授乳中にひっかかれ断乳考える

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3