コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…只今、短編のお話更新中です…

  • 記事数 3634
  • 読者 252
  • 昨日のアクセス数 1855

祭りの後…~school festival~⑳

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/10/04 11:50:00

  • 11
  • 0

………










一人待っていると…



後ろからふわりと
抱きしめられた海



「月人?」


「ん?やっと終わったな…」


「皆楽しめたから良かったね?」


「そうだな。」


私が月人の方を向いて


少し背伸びをしながら



「月人…お疲れさま。」


そう言って、
頬にそっとキスを…



「なんだよ…唇じゃないの?」



かぁ…


「だ、だって…学校だよ?
誰か来たら困るでしょ?」


頬にキスするのだって
ドキドキするのに…


すると


月人は微笑みながら


私の頭を支えて
頬に手を添えて


顔が近づいてきたかと
思ったら


唇にキスを…



「んっ!」


ドク ドクン…


私の心臓が騒がしい…



キスが終わると


イジワルな顔をして
微笑んで


「海…顔真っ赤!!
帰るか?」



「もう!真っ赤にさせたのは
誰よ~っ!!」


私はクルッと


校門に身体を向けて
さっさと歩き出そうとしたら


腕を掴まれて
引き寄せられて


「手を繋いで
帰ろう?」


「イジワルな人とは
繋ぎたくない…」


頬を膨らませて
月人の顔を見たら


頬を突っつかれて


「可愛いから苛めたく
なるんだよ?」


「謝ってくれなきゃ
嫌だ…」


「あ、わがまま姫が
始まった…」


「そうさせてるのは
月人でしょ?」


月人の顔を睨んだら


頬に

チュッと
音を立てて


月人はキスして


「ごめん…」


謝ってきたから


「許してあげる…」


そう言って
私は手を差し出した…


月人は笑って
私の手をしっかり
繋いでくれて


家までの道のりを
2人で歩いた…













………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………下駄箱までの道のりを海に腕を...

  2. ………海からキスされて驚いた月人...

  1. ………キスが深く…なっていく…...

  2. ………風が冷たい…1月の風は...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3