シホとのんちゃん。

掴み所のないのんちゃんに振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 224
  • 読者 497
  • 昨日のアクセス数 517

やっぱりこれが好き、3

しおりをはさむ

2016/10/04 00:42:38

  • 77

テーマの通りです。
お気をつけ下さい。







手首の拘束を解いてあげる。

「はぁー…すごかった、それ…。
いつ買ったやつだっけ?」

「のんちゃんに内緒で買っておいたんだー♡
いつかしてあげようと思ったの!」

「そうだったんだ…。
シホちゃんも使ってみる?
気持ちいいんじゃない?」

「え…♡」

うん、実は一緒に使ってみたくて買ったんだよね♡

「穴に入れたからそのまま使うのは心配だね…。
洗ってこようっと。」

のんちゃんが全裸でキッチンでアダルトグッズを洗ってる姿は…正直マヌケだった(笑)

「ぶはっ!
なんかやだー!
笑えるー!
キレイキレイでしっかり洗ってるよ~(笑)」

笑い過ぎておなかいたーい(笑)

「ちょ、笑わないでよ!(笑)
大事なことなんだから!
サルモネラ菌とかついてて、シホちゃんの大事なとこが病気になったら大変だからねっ」

「う、そうだけどー…ぶふっ…
お気遣いを…あ、ありがとね…」

「笑いすぎだろー…まったく!
お仕置き!」

グッと両手首を持たれ頭の上に上げられる。
素早くラックの高い位置にストールを引っ掛け、シホの手首を縛った。

「あっ、やだ、これ恥ずかしいよ…」

シホが嫌がるのを無視して乳首を噛む。

「あっ、やだっ、やっ…」

乳首を甘噛したり吸ったり。
頭がぼんやりしてくる。
感じて体が動くと手首にストールが食いこむ。

あ、痛い…
こーいうときって素直に痛いって言っていいのかな?
Mの子ってどーしてんだろ…
それとも、この痛みさえ気持ちいいのかなぁ。

シホは…痛いものは痛いみたい(笑)
やっぱ気持ちよくない~…
だんだん乳首に与えられる刺激さえも気持ち良さがなくなる。

「のんちゃん…手首のほどいて...痛い。」

「やだ。
シホちゃん笑ったもん。」

「ごめんね、謝るから。」

「…やだよ。」

そう言いながら更に乳首を強く噛んだ。

「痛いってば!
やめてよっ!」

つい大きい声で叫ぶ。

ハッとした顔ののんちゃん。

「あ、そんなに嫌だったんだ…ごめん!」

慌てて手首のストールを外し、シホを抱きしめる。

「ごめんごめん。
こういうのも嫌いじゃないかなと思ったんだけど、嫌だったんだね。」

「ん…なんか痛いのいや。
のんちゃん、ちょっと怖かったし。
私が笑ったからいけないんだけど…」

「いや、笑ったことなんてほんとは怒ったりしてないんだけどね!
それを口実に少しいじめてみたいなぁと思ったんだよ。
でも、やっぱりシホちゃんはお仕置きする側が好きなんだなぁ(笑)」

「うん、なんかね、プライドが傷ついたわ。」

「そ、そんなに?!」

「ぶふっ、嘘だよ。
でもなんか、もうそういう気分じゃなくなったー!
もー寝ようよ♡」

「はは、そうだね。
痛くしちゃったし、俺だけ沢山いい思いしてごめんねー。」

謝りながらワンピースを着せてくれた。

…それぞれ得意不得意があるんだなぁと学んだ日(笑)
やっぱりシホはS側に居るのが好きみたい♡

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 誕生日プレゼントは質屋の購入品
  2. 結婚式に乳児を連れて行くか悩む
  3. 年末年始に休み貰って激怒された

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3