ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 162
  • 読者 1130
  • 昨日のアクセス数 24382

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/03 21:35:04

  • 77
  • 0

「白川、待たせたな。入部はゆっくり考えてからでいいから」

「……村上先生、今の人知ってますか?」


村上先生は、ん?と眉を上げ、遠く離れて小さくなった先輩の後ろ姿に目をやる。


「小林か。スポーツ科の生徒だよ」


スポーツ科…


「部活してそうには見えないですが…何のスポーツしてるんだろう?」

私の問いに村上先生は複雑な笑みを浮かべ、入部届の用紙を丸めた。


「18時までなら、図書室も開放しているから」

村上先生は私の質問には答えてくれず、丸めた入部届でぽんと軽く頭を叩き、用紙を手渡してきた。


“帰りなさい”とは言わない、先生の優しさ。


「ありがとう、先生。さようなら」


入部届を鞄に入れて、村上先生にお辞儀をして別れた。




村上先生に言われた通り、図書室にも行ってみるが、活字を見ていたら眠気が来てしまうので、睡魔との闘いになる。

きりのいい所で切り上げて学校を出て、誰にも見つからないように公園まで歩いた。


18時、日の入りの時間が近づいているので辺りは暗く、木陰にとめてある自転車は、鬱蒼と生い茂った中にあるように見えた。
空が暗いだけで不気味。


以前から、自転車の鍵は錆びていて調子が悪かった。
手こずりながらも鍵穴に挿して、ガチャガチャやっていると、背後に誰かの気配を感じた。


…人が、いる?


一心不乱に鍵を捻っていると、やっとカシャン!と音を立てて開き、私はすぐに自転車に跨って背後を見た。


すぐ後ろに、パーカーのフードをかぶった男がいた。

すぐさま腕をつかまれて、恐怖で動けない。


怖い。怖い!


その男に自転車の前輪を思い切り蹴られ、私も自転車と一緒にその場に倒れたが、恐怖で痛みも感じない。


怖い…


腰が抜けて土の上にへたりこみ、じりじりと近づいてくる男から、少しでも逃れようと後ずさるが、その男はジャリ、ジャリと土砂とスニーカーが擦れる音をさせて、近づいてくる。


大声を出したいが、喉が詰まって声が出ない。


ついにその男が私に飛びかかるようにしてきた、その時。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. パニック障がい自力で治したい
  2. 「神ってる」を初めて聞いた
  3. 母乳が終った後の胸を見てタメ息

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3