ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 167
  • 読者 1144
  • 昨日のアクセス数 21277

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/03 21:07:16

  • 79
  • 0

「…ま、いいや。白川が困っていることはわかったよ。じゃあ、入部届取りに行こう」


空き教室を出て、村上先生の後ろをついてゆく。先生は足が長いから、歩くのが早い。

職員室前で、村上先生は手を出して制した。

「待っていて、すぐ取ってくるから」



先生と行き違いに出てきたのは、前に目が合った3年生。
あっ、と思っていると、その人もあっと私に気付き、「2年の白川碧だ」と、不躾な声を投げかけてきた。


「そうですけど…」


普段、わりと笑顔でいようと努めているが、無礼者には牙を剥いてしまう。
私が警戒している事に気付いたその人は、ぐいぐい近づいてきて距離を詰めた。


「びびってんの?かわいいなー」

「……びびってません」


じろじろと舐めるような視線はセーラー服の胸に移り、慌てて鞄で胸元を隠す。

どういうわけか、平らだった胸が去年あたりからぐんぐん育っていて、今つけているブラジャーのサイズも合ってはいない。
母にも胸がサイズアップしたと言えなくて、ずっとBを着け続けている。

そういう所を気にしているから、義父がお風呂の時に洗面所をうろつくのはとても嫌なのだ。



その3年生は、まだニヤニヤ笑いながら、今度は私の顔を舐めるように見て、肩が触れるほど近づいて言った。

「碧ちゃん、遥と同じクラスだよな?」

「ハルカ…?」

「浅野。浅野遥」


ああ、と、深く納得した。
この先輩と浅野君は同じジャンルの人だ。


「浅野君…一緒ですけど」

「俺、あいつと仲いいの。今度みんなであそぼーよ」

「遠慮します」

「瞬殺かよ」

その先輩はべっと舌を出し、不満そうに両手を広げた。

そこで職員室のドアが開き、村上先生が入部届を持ち戻って来る。
先輩は、先生が来たせいか、口笛を吹きながら去っていった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 整形手術を良く思わない理由は
  2. 知人から妊娠報告受けると虚しい
  3. 双子の相方に彼氏できてショック

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3