ヒナの人生

小さな幸せを探して。

  • 記事数 29
  • 読者 165
  • 昨日のアクセス数 12

正気になる。

しおりをはさむ

2016/10/03 18:16:51

  • 53
  • 3

どの位の時間が経ったのかすら分からず、時間感覚が完全になくなっていた。




そんな中でも、私は正気になり咄嗟にレン君の肩を押し、『ちょっと。』とレン君に声を掛けると、レン君も『ごめん。』と我に返えり、『ヒナちゃんごめん。でも、ヒナちゃんは何も悪くないから。俺が全部悪い。』そう言ったレン君に、頭が混乱してる事と一人になりたい事を伝え帰ってもらった。




レン君が帰った後、私はレン君との事やのん君との事を考え、ある決心をしてのん君の帰宅を待った。





この時の私は、異常な程に冷静だった。

同じテーマの記事

コメント3

しおりをはさむ

  1. makiさん(90歳)ID:5323947・10/03

    ヒナちゃん……うん。分かってるよ。そぉだとは思ってた。待ってるね。

  2. ヒナさん(37歳)ID:5323770・10/03

    マキちゃん、ずっとコメント返せなくてゴメンね>_<

    内容が内容だけに書き切るまで返すのはやめようと思います。

    でも、私からしたら一大決心でした。

  3. makiさん(90歳)ID:5323764・10/03

    2度目のえっ……??
    まさか、変な行動取らないよね??

関連するブログ記事

  1. その日もレンが帰りは送ってくれた。レンはバイクで私はチ...

  2. 私がソファーに座ると、レン君はギュッと私を抱きしめた。...

  1. 起きると朝で何故かベッドで寝ていた。自分で移動した記憶...

  2. 先生がお風呂に入ってる間にアユに電話した。「……って感...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 「放置親」の必須アイテムは
  2. 義父に対して一生消えない恨み
  3. 高齢者に親切にされ嬉し泣き

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3