ブログランキング10

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 169
  • 読者 1157
  • 昨日のアクセス数 29055

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/03 15:29:58

  • 94
  • 0

無精ひげが生えていて、冷たい目をして、やる気がなくて生徒には踏み込まない。
毎日、仕事をそつなくこなすだけという印象があった村上先生。


先生は机に肘をつき、長い足を組みかえながら、横目で私を見つめ、白衣の裾がぱさっと音を立てる。


「プラネタリウムにも行くんだ。天体観測もあるよ。ゆるくやってるから来たい時に来るといいよ」

「先生、星好きなの?」

「顧問になってから好きになった」


村上先生の答えを聞いて、ぶぶっと吹き出す。
てっきり昔から好きなんだと思っていたから。


「大人になってからも好きになる事ってあるんだね」


何気なく呟くと、先生は静かにメガネの奥の目線を私に向けた。


「あるよ。今が全てじゃないよ。特にお前たちは、この先の方が長いんだ」



先生の言葉が心に深く深く沁みいり、自分の胸の中で何か特別な感情が生まれるのを感じる。

ときめきだとか、そういう軽々しいものじゃない。

この人は、私に安心をもたらしてくれる…



泣き腫らした目で先生に視線を残すと、先生は少し顔を近づけて、私の瞳の奥を見る。


「泣きやんだな。入部するなら用紙持ってくるけど、どうする?ついでに部室も案内するよ」

「先生も部室にいるんですか?」

「俺はたまに顔出すだけ」

ふぅん…

涙を拭いていたハンカチを握って、ポケットに入れながら答えた。

「入部届だけもらいます。浅野君と一緒なら、嫌だし…」

村上先生は「あいつ、嫌われたもんだな」と苦笑する。


「だって、浅野君、エッチなこと言うんだもん…」

穏やかだった村上先生が難しい顔に変わる。

「エッチなこと?」

「…先生には、言えない」

身を乗り出す村上先生に至近距離で見つめられて、私は顔が熱く、赤くなるのを感じて、両手で頬を押さえた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 28

    11/04

    「帰りましょうか」今度は、私から言った。目があった日...

  2. 沈黙がすごく後悔を思わせた時間だった。一瞬だったんだろう...

  1. 私は、山田先生に腕を掴まれて・・・今で言うドアドン。...

  2. 私には何通りもの【答え】がありましたが、吉岡さんにはこう答え...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫が飲み屋の女性と浮気している
  2. 夫に内緒でヘソクリしていたが
  3. 「会いたい」と言う彼が嫌になる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3