シホとのんちゃん。

掴み所のないのんちゃんに振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 224
  • 読者 497
  • 昨日のアクセス数 517

ダイエット、1

しおりをはさむ

2016/10/03 11:20:38

  • 57

季節はあっという間に夏に。

シホの周りでは、ナホお姉ちゃんが婚約したり、アリサが臨月を迎えたりと、幸せムード満点。

シホもシホで、のんちゃんと結婚&開業資金を貯めたり、仕事を頑張ったりと充実していた。

「シホちゃん、もうすぐ誕生日だね。
何したい?」

「えーっ!
『 私』は、いつも通りのんちゃんとデート出来れば、それで充分かな♡」

「シホちゃんの『 私』、聞き慣れないなぁ…(笑)」

「だってー!
もうすぐ26歳だよ?!
さすがに自分のこと名前で呼ぶのは痛々しいってカホお姉ちゃんやアリサに怒られたのー!
シホ…私自身も辞めたいって思ってたし…頑張ってるんだから、のんちゃんも慣れてよねっ。」

「あはは。
そっかー。
まぁ俺は可愛くて好きだったけどねぇ。
シホちゃんが辞めたいなら、頑張りなさい~」

なんだ、その上からな感じは…(笑)

「そうだ(笑)
誕生日の話してたんだね…本当に何もしなくていいの?」

「うんっ!
フツーがいいの。
フツーが幸せ♡」

今はあんまりお金使いたくないしね…。

「そう?
でもなんやかんや俺の誕生日はご馳走してくれたし、プレゼントもくれたじゃん?」

のんちゃんの26歳の誕生日は、去年あげた名刺入れと同じブランドのキーケースにした。
カフェの鍵や金庫の鍵がジャラジャラしてるからね~。

「うん…私もプレゼントは欲しいっ(笑)
ただ、ご馳走はいらない…ダイエット中だし~」

のんちゃんと付き合い始めてから2kg太った…(笑)
一時期は40kg台になれたのになぁ…。

「あはは…自炊が増えて、3食しっかり食べるようになったからかなー。
新メニューの試作もよく食べてもらっちゃったしね。」

そう言いながらシホのお腹まわりの肉をつまむ。

「痛い~!
もーやめてよっ。
フツーそういうときは、そんなことないよ♡とか、でも可愛いよ♡とか言うんでしょー?」

「あ…(笑)
ごめんね…でも可愛いよ?」

「おそーい!
言われる前に言ってよー!」

のんちゃんの頬をムニッとつまむ。
でも肉が薄い…同じだけ食べてもあなたは太らないのねー!!

「んー…シホちゃん気にしてんの?
前よりは少し太ったかもだけど、世間的には全然だよ?」

「気にしてるよー…やだよ、やっぱり。
いつかは決まってないけど、結婚式はきれいな姿でしたいから、ダイエット頑張るー。」

せめて付き合い始めた頃の50kgは維持したい…。

「よし!
毎朝出勤のとき、一駅分多く歩こうっ!!
決めた~♡」

「えぇ…毎日忙しいのに、更に朝早く起きるってこと?
大丈夫??」

「大丈夫ー!
20分くらい早く出ればいいだけ!
健康にもいいしね♡」

よーし、誕生日まであと1ヵ月半。
それまでに2kg痩せるぞ~!

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む
  2. 「神ってる」を初めて聞いた
  3. パニック障がい自力で治したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3