ブログランキング65

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1757
  • 読者 474
  • 昨日のアクセス数 4984

え?【258】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/03 13:32:54

  • 53
  • 3

★ボクはそれでも恋をする★       





「さてと、もう行きますね」

『まてよ』

「ん?」


どこからか懐かしい声がする。


『お前さ、何か大事なこと言い忘れてない?』

「へ?」


タクミはキョロキョロとあたりを見渡すが
人の気配はなかった。


『おい、正直に言えよ』

「何を?」

『しらばっくれて。今の俺がお前に
イタズラできないからって、しらを切り
通すつもりか?』

「えぇ?タクマさん?」


墓石を振り返る。


『ほら、報告しろ』

「あ~~……あの……えっと、そのー、高校の
時の元カレとよりを戻しました」

『で?幸せなの?』

「はい」

『そいつさ、これからもお前のこと、大切に
してくれんの?』

「もちろんです」


周りの木々がザワザワとざわめく。


『ま、苦労もあるかもしんねぇけど、そこは
お前のバイタリティで乗り越えていけよ』

「はい。タクマさんも安らかに眠って
下さい」

『プッ、人を呼び出しといて、また寝ろってか』

「それもそうですね。あと、ハサミ、ありがとう
ございます。前髪はいつもこれで切ってます」

『へたくそ』

「仕方ないじゃないですか。ボク、美容師じゃ
ないし」

『美容師の免許もとれよ』

「ムリですよ、そんなの」

『夜間学校に行けば、3年弱でとれっからさ』

「考えておきます」

『絶対だぞ』

「えぇ~」

『じゃ、また来いよ。それまで寝て待つわ』

「フフフ、おやすみなさい」

『おう』

















『次は終点、山の元駅前。終点です……』


「ん?」


タクミは目を開けた。


「あれ?ボク、寝てた……?」


運転手に促され、バスを降りる。


「そっか、夢か……」


タクミはカバンを担いで、ふと右手を見ると、
手のひらが赤くなっている。


「タクマさん……」


タクミはキュっと手を握り、駅の構内へ
入っていった。



どこからが夢だったかは………内緒  by 神





△(≧ω≦*)

同じテーマの記事

コメント3

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5329707・10/04

    マイコさん

    あっ、その手があったか!
    マイコさん、ありがとう。

    エリス、何かを企む(笑)

  2. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5329705・10/04

    ニノンさん

    タクマをこんな風にしか
    登場させられないのが
    切ないね。

    って、自分でやったんだけど(笑)

  3. ニノンさん(24歳)ID:5324155・10/03

    わぁ、タクマさんとの再会が素敵すぎる!
    私の中では夢であり現実なのでありました(笑)

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       風呂から...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミは...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       カナカナ...

  2. ………323「梶、ごめんね。今は何も言えないけど、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 友「子の前でキスは教育に悪い」
  2. 義弟嫁が妊娠しお下がりを催促
  3. お遊戯会の衣装に文句言うママ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3