ブログランキング89

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2150
  • 読者 526
  • 昨日のアクセス数 2740

おっと!【257】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/03 13:24:08

  • 37
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





「タクマさん?」


礼拝堂のドアからの風にしては冷たく
ひんやりとした感覚が頬にした。


「今、行きますよ」


タクミはクスッと笑って礼拝堂から
裏手の墓地へと移動した。

小道を抜け墓地の入り口へくると、右端の
8番目を目指す。


「あっ、あそこだ」


静かに近づき、墓石の前に膝をついた。
太陽の光がサンサンと降り注ぐ墓地は
かなり暑かった。


『Takuma Kido』と書かれた墓石に
そっと触れる。


「あれれ?冷たい」


まるでタクマの手の様にひんやりとした
石の表面を、ゆっくりゆっくりと撫でた。


「タクマさん、墓石まで冷たいんですね」


手を合わせて、目を閉じる。


「今日はいっぱい報告があるんです」


目を開いて、まぶしそうに石を見つめた。


「まず……教育実習が終わったんですよ。
あとは採用試験を受ければ、免許皆伝です。
新しい療育の試演も順調です。ただし、
ちょっとだけ方向転換しましたけど」


そこで、言葉を切り、視線をそらせた。


「あのね、タクマさん。ボク、シンと
別れちゃったんです。ごめんなさい。
ボクが悪いんです。でも、これでよかった
って思ってます。

あのまま、付き合っていたら、カレの
夢を台無しにしていた。ボクのせいで。
今はね、アメリカに行って、本場の
バスケを体験してるんですよ。これで
よかったんです」


ジワッとわいてきた涙がこぼれる前に
手で目をこする。

すると、急にバランスを崩したタクミは
タクマの墓石に手をついた。


「熱っ!」


さっきはあんなにひんやりしていた
表面が、今度は太陽の熱にやかれ、
やけどしそうな程、熱かった。


「もぉ、タクマさん。危ないないじゃ
ないですかぁ!」


手をぺぺっと振りながら、頬を膨らませた。


「泣きませんから。大丈夫です」


タクミは口角をあげ、クスッと笑った。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミと...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       すべて話...

  1. 野獣【15】

    2016/06/21

    ★ボクはそれでも恋をする★      結合部分...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       砂浜に降...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/27 編集部Pick up!!

  1. 義父から「子宮取っちゃえば」
  2. 「股擦れ」で早退する男性社員
  3. 様子見て「産まないほうが良い」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3