ブログランキング35

ちなつのブログ

短編を気が済むまで書いていきます。 今は松本くん編♡リクエスト募集中です☆

  • 記事数 1810
  • 読者 7368
  • 昨日のアクセス数 8407

きぃとマミの秘密の事情24

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 夫婦生活

2016/10/03 00:11:47

  • 324
  • 4

俺が話終わると、原田さんはニコニコと笑っていた。

「?」
俺は原田さんの笑顔の意味が分からずに、少し疑問に思った。
すると、原田さんは俺の気持ちを察してくれたのか、疑問に答えてくれた。

「あ、すみません。凄い気合いを入れてうちとのコラボレーションを考えてくれているんだな〜って思って…。」
「それはもちろんです。」
「…それと、これは内緒ですよ?」
「はい?」
「…よっぽどピエールに振り回されたのか、プレゼン出来る嬉しさが滲み出てて、苦労されたんだな〜って。」
原田さんはクスクス笑っていた。

「…えっと、それは…。」
俺が言葉を濁していると、原田さんはパタパタと手を振り、
「いいんですよ〜、うちのパティシエなら皆経験してる事ですから。あの人、自分が興味ない事にはとことん無関心なんで。周りの人間のフォローが大変なんですよ。」
と教えてくれた。

「あは、あはははは〜。」
と猿渡と2人で苦笑いをしていると、原田さんのケータイが鳴った。

「失礼ですが、出てもよろしいですか?」
「はい、どうぞ。」
原田さんは俺の許可を取ると、部屋の端まで行って電話に出た。

「もしもし?着いた〜?…うん、うん。
やっだ〜!それって、隣じゃない?うちはその隣だよ〜!…うん、『Petit amour』ってとこ。
そう!…じゃあ、待ってるね〜。」

…なんか、女子高生みたいだな。
電話の相手は友達なのかな?
今までとは違う原田さんの口調に、ちょっと驚いてしまった。

「…すみません、これから友人が訪ねて来るので少しの時間抜けてもよろしいですか?」
「あ、はい、大丈夫です。その間にもう少し考えておきますので。」
「アハハハハ〜。山本さんは仕事熱心なんですね。…あ、そう言えば、うちの店のキャッチフレーズというか、コンセプトをご存知ですか?」
「キャッチフレーズ…ですか?」

…ヤバイ!
そんなの知らね〜ぞ!
ちょっと焦った俺の顔を見て、原田さんはニコっと笑っていた。

「日本じゃ大々的には宣伝してないですから、ご存知なくても仕方ないですよ。」
そう言って原田さんは1枚のチラシを出してくれた。

「貴方の愛しい人は今、笑顔ですか?」

美しいフランスのモデルさんと思われる人が、ケーキを食べて笑顔の写真だった。

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. サヤさん(36歳)ID:5330277・10/04

    コウスケくんは

    帰国直後は無理だけど土曜日の午後に少し時間を貰った

    マミちゃんは
    金曜に希ちゃんから「明日友だちのケーキ屋さんに行くから」と誘われた


    だから土曜日で良いのではないでしょうか?

    違うかな?

    横からすみません。

  2. 遥さん(33歳)ID:5330251・10/04

    うーん。
    同じ日だというはっきりした記述も、違う日だという記述もないから、私は違和感感じなかったですけどねー。

    それより、マナちゃん久々すぎてずっと女子だと思い込み、そんな友達いたっけ?とか、無茶なことを思っていた私・・・w
    最初から読み直さなきゃだめだなw

  3. トモコさん(28歳)ID:5321755・10/03

    のぞみちゃん達が来る日と、コウちゃんがアポとった日、違ってたけどなー。

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 「ようこそ、『Petit amour』へ。私が東京店店長の原...

  2. 自宅から少し離れた売店に置かれた公衆電話の受話器を取った。...

  1. 返事をしないでいたら「既読無視か」とじゃあどうす...

  2. 「その影のある表情そそるなあ」「…へ!?」驚いて素っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. アレルギー食品除去で「くる病」
  2. お遊戯会の衣装に文句言うママ
  3. 義弟嫁が妊娠しお下がりを催促

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3