ナルミのブログ

短編小説

  • 記事数 38
  • 読者 8
  • 昨日のアクセス数 8

雨・・・2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/02 20:57:19

  • 2
  • 0

どこも行くとこがない・・・・


違う・・・・

ここは地元で幼稚園から大学まで地元で過ごした。

同じ歳の彼と出会ったのは24歳の時
大学院を卒業し、銀行のシステム部に就職し、2か月後同期とコンパに参加して彼と出会った。
彼はロボット開発の会社でシステムエンジニアとして2年目の社会人だった。

居酒屋でのコンパ
隣同士に偶然座り、会話が繋がらない好きな歌手の名前を出すと同じアーティストback numberが好きで、ドラゴンボールの漫画の話などで会話が弾み、一緒にライブに行く約束をし、電話番号を交換し、仕事帰りに会うようになり、休日も一緒に過ごすようになった。
2年前から同棲

新人を指導するまでは、女性からのラインなんてなかった・・・・
彼女が現れなかった・・・
あの表示を見るまではただの相談と思って相手にしなかった・・・

でも不安だった。何度も聞きたくて聞けなくてを繰り返した。



リユックからスマホを取り出す


隆治からの何度も着信とラインメッセージあり
無理・・・・

彼の電話番号を電話帳から消す
電話帳に登録がある人からの電話しか出ない設定
ラインも削除し、 ブロックにする

行くとこはない・・・・

駅の改札を抜けたところでスマホとにらめっこ。

誰に電話しよう?

誰かかけて来て・・・・

祈る・・・


「かかってこないよね」一人で呟く。



「あかね」
知っている人に呼ばれた気がして振り返る
傘を手に持った50歳代の女性
白い七部シャツに黒いズボン、ベージュのパンプス姿の母だ

母は大学病院で看護師をしている。
昔から同じ病院に勤め今は看護部長らしい。
父は単身赴任でニュージーランド。もう3年目。

「お母さん」
言うなり涙が溢れだした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 未成年の子供のLI☆Eが心配と、ボクのPCスマホ教室にたく...

  2. ある夜。会社で会議。早く終わらないかなぁ、と思っていると...

  1. どこかに出かけた事もなく、長い間携帯の番号も教えてもらえず、...

  2. 死にたい31

    2015/09/27

    7月27日夜。本当だったら、彼と一緒に北の大地を目指して...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/25 編集部Pick up!!

  1. 夫「子のDNA鑑定受けろ」と冗談
  2. 入籍寸前で彼氏との生活に滅入る
  3. 夫が仕事の飲み会以降音信不通に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3