ナルミのブログ

短編小説

  • 記事数 37
  • 読者 6
  • 昨日のアクセス数 6

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/02 19:37:03

  • 2
  • 0

改札を抜けると誰もが傘を開き、足早に消えて行く

夕暮れ時、しっとした雨が降っている

30分前、同棲中の彼と暮らしていた家を出た
その時もぽっぽつと顔を濡らした

彼の「ごめん」

という声がリピートする

泣きたい
泣きたい泣きたい泣きたい
泣きたいよ
何で・・・・・

カラフルな傘が駅から家路に消えて行く

誰か私を・・・・
傘に入れて・・・・

私の横を足早に女性が過ぎていく

何で?

5時前だった

私、立花茜(たちばな あかね)28歳、1か月。
4年間同棲して、結婚を目指していた彼、隆治(りゅうじ)のスマホに女性からののラインを見てしまった。


同じ会社の20歳新人の女性の教育係りに4月から彼がなり時々ラインが来てたのは知っていたが、知らない振りを4か月間7月までしていた。

二人で仕事の後、飲みに行っているのも・・・・

今日は土曜日で二人とも仕事が休み

昼間は二人で映画観て、ランチしてアパートに戻り、夕飯のハンバーグを二人で作っていた時彼のスマホ・・・・・
音は消してある、彼のスマホ。

彼がハンバーグの具材をこねている間私がベランダに干している洗濯物を取り込むため、リビングに行くとテーブルの上のスマホに「今から会える?会いたい♡」・・・・

彼のスマホはリビングのテーブルに無造作に置いてあり、画面に「今から会える?会いたい♡」の表示があった。
さっきまではなかった。着信のランプもなかった。

一応洗濯物を取り込み、台所に戻る

「ライン来てたよ」とただ彼に伝える
「そうか。こね終わったよ。丸めるか」と180センチの彼が160センチの私を見降ろしいう。

「”今から会える?会いたい♡”とあったよ」手を洗いながら彼を見ず言う。

「ごめん」と彼がテーブルに小走りに走り行く。
これが答えだよね・・・・

二人用のキッチンテーブルの椅子に置いていた、リユックを背負い部屋を出た・・・

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 朝、「傘忘れないようにね」そんなラインをしながら電車の窓...

  2. そっと流す曲は決まっててぼんやり窓辺で雨粒流れるのを眺めて...

  1. 春馬も 本当は 私に会いたかったんだ…と 分かった...

  2. 顕微授精の治療結果報告書採卵について採卵日 平成28...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 隣から「うおー」と男性の叫び声
  2. 浮気疑惑と夫の発言で虚しくなる
  3. 「鬱症状」の診断書で会社を休む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3