ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 163
  • 読者 1138
  • 昨日のアクセス数 24382

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/02 20:24:04

  • 82
  • 0

義父は年頃の私との接し方がわからないらしく、一緒にいて居心地が悪い。
家で仕事をしているので、私が帰ると二人きりでいる時間が長くなってしまうのだ。

弟は保育園に入っていて、実母の会社近くで預かってもらっているので、実母と共に二人で帰ってくる。


何か、特別に義父に酷いことをされたわけでもない。

時折、お風呂上がりに洗面所にいたりするのが気になるが、そのことについては誰にも話していないし、単なる偶然なのだと思う。
私の自意識過剰なのだろう。

実母には義父の話はできない。
表面上はけして問題はない。
何も気にしなければ過ごしていける。

希望した高校にだって行かせてくれた義父には、とても感謝していて、日常の些細なことくらい、自分が我慢すればみんな幸せなのだ。


……だから、帰りは図書室に寄ってみたり、サッカー部を眺めたり、ふらふら自転車を漕ぎながら、できるだけゆっくり時間を潰して帰る。

19時には弟と母が帰ってくるから、その直前に家に着くように。




「帰りたくないなら、部活すればいいんじゃないですか」

村上先生はメガネを上げながら答えた。
帰りたくない理由は聞かないところが彼らしい。


「今更…もう2年生になっちゃったし」

私は頭を下げて自分の上靴を見ながら呟く。
村上先生の大きな溜息が聞こえた。


「そうやって諦めて、ウジウジ後から文句言うの、嫌じゃない?」

「…………」


嫌だよ、こんな自分は。

先生に言われなくても……

自分のことを好きになったことなんてないもの。



大粒の涙が頬を伝い落ちた。
泣くつもりなど全くなかったのに、先生の言葉がひきがねとなって、涙の粒がとめどなく落ちてゆく。

「…うっ……く」

「マジかよ、何で泣くの」

「う〜っ…」


遂にはしゃくりあげるほどになり、村上先生は辺りを見回して、目の前の教室を開けた。

「誰もいないから、落ち着くまで入って」


私はポケットから出したハンカチで顔を覆いながら、頷いて教室に入った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 義母に前妻と比べられキレた結果
  2. スーパーでイラッとした親子
  3. 夫一筋でも「怪しい」と疑われる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3