アンジェリカさんのブログ

  • 記事数 3
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 3

恋をしてはいけない2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/02 15:36:48

  • 0
  • 0

十代の私は周りの友人たちに嘘をついていた。
恋バナに頷く私。
恋愛映画に涙する私。
みんなの憧れの王子に同じようにあこがれる私。
みんな嘘。
でも、みんなと同じにしなければ。
だって女の子って、自分達の中の異分子に目ざといから。
そして見つけれら異分子は排除される、さりげなくまたはあからさまに。

大学に入って、やっと女子のグループから解放されたと思った。
一人の時間が増えると、今度は男の子達が近づいてくる。
ああ、ヤりたいのか。
いいけど。
どうせ私は妊娠しない。
3人の男と寝てみた。
退屈。
気持ちいい? って男達は聞くけど、気持ちいいってなに?
そう問い返すと、男達は眉間にかすかにしわを寄せる。
そして二度と声をかけてこない。
ああ、そうか。
男は気持ちいいって言われたいのか。
気持ちってなんだろう?
レディースコミックや官能小説を読み漁っても、私には意味が解らなかった。
自分で乳房や性器を触っても、なんの感動もない。
神様は私からエクスタシーも取り去ったのか。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私の大学時代。演劇部に入った。何もわからない。詳しい子が...

  2. 「彼らが本気で編むときは、」気になってたので、観てきました...

  1. 1

    04/13

    男の人とは、とにかく続かない私。半年だったり、3ヶ月、酷...

  2. 雅子は高1にして女の子とか少女とか呼べない位老...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. プール監視員の行動でパニックに
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. 義弟嫁の家に上がって驚愕した訳

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3