ブログランキング9

Hypnotic

  • 記事数 178
  • 読者 1164
  • 昨日のアクセス数 31648

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/02 15:23:02

  • 95
  • 0

白川碧(あおい)17歳。


少子化の影響を受け、由緒ある男子校だったこの高校が共学になったのは1年前のこと。
女子第1期生として入学し、1年が経った。


当校にはコースが3つあり、特進、普通、スポーツとカリキュラムが分かれている。

私は特進コースで入学したのだが、クラス替えがなく、担任も変わらず、3年間同じメンバーで学校生活を送る。

生徒35名のうち、女子は2名。
普通科になるともう少し女子の割合が増える。
共学化した初年度はこんなものだと担任も話していた。


授業が終わり、帰宅部の私は廊下から運動場を見下ろした。

サッカー部が声を出し合い、ボールを追いかけ練習に励んでいた。
キーパーの東野君が私に気づき、片手を上げた。私も、笑顔でブンブンと手を振り返す。

同じクラスの彼とはわりとしゃべる仲だ。
短髪でさわやかで優しくて、他の男子と違って下ネタは言わない。
弱冠16歳なのに紳士的なだけあって、他校に彼女がいるという噂があった。


好き、と言えるほど想いが強いわけではない。
でもあの優しさを独り占めできる子がいるんだなと思うと、ちょっとだけ羨ましかった。


少しの間サッカー部を眺めてから、帰ろうと階段に向かう。

必然的に仲良くなったクラスの女子、須賀千晴は今日は部活。ブラスバンド部で、音楽室からは管楽器の音色が流れてくる。

部活には入りたかったのだが、楽器はさっぱりダメだし、やっぱり女の子がいるクラブがいいなぁと考えあぐねているうちに入部するタイミングを失い、2年生になってしまったのだ。



「なんだ白川、まだ残ってたのか」

角を曲がってきたのは担任の村上先生。
担当は化学なのでよく白衣を着ている。
細いけれど背は高く、常に不機嫌に見える顔。
年齢は30半ばで、どことなく影のあるタイプだ。数年前に離婚したらしい。

変わり者だから捨てられてたのかな、などと、心の中で失礼な予想をしていた。


「先生、忙しそうだね」

と、村上先生の後を追うと、先生は鬱陶しそうな顔をして手で払う。

「忙しいですよ。早く帰りなさい」

なによー、感じ悪ーい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. クラス章が金色の縁取りになった。クラス替えもないし、これ...

  2. 新入生は最初はぎこちない感じだったけど、それぞれ部活も始動...

  1. 中学生の頃から始めます(*^^*)中学入学。癖っ毛、背...

  2. 女子高校に入学して1ヶ月位経ち、ある程度クラス全員の名前...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 結婚に反対の彼母がノイローゼに
  2. 夫の「子離れしないと」に疑問
  3. 彼氏と結婚したら病気になりそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3