guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 374
  • 読者 604
  • 昨日のアクセス数 235

テーマ:小説 > 男女関係

2016/10/03 19:32:22

  • 65
  • 0

おれはその日の定時後、
待ち合わせをしていた。


「たかちゃん!」


「あ、優子。おつかれ。
ごめんな、急に呼び出して。」


「全然。
たかちゃんから呼び出しなんて
珍しいからびっくりしたよ。」


相手は同期入社の大島優子だった。
元アイドルの女優と同姓同名で、
入社当時はわざわざ顔を見に
大島の部署まで来る社員が
たくさんいたらしい。


しかし、
こんな言い方は失礼かもしれないが、
顔は全然似ていないし、
どちらかといえば地味な顔立ちだった。


お互いの呼び名については、
入社時に同期同士で取り決めた
あだ名で呼ぶことになっていたので、
おれはたかちゃん、大島は優子と
呼ばれていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 3月…会社の内輪だけでの送別会でのこと今年の新入社員...

  2. 入社式を終え、集合研修へ。社会人としてのマナーや業界の基...

  1. その人は優しくて方言の可愛い人入社式で出会ったときは話す...

  2. Black out ...

    2015/07/21

    最低だと分かっている。頭では分かっている。なのに、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/23 編集部Pick up!!

  1. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. あり得ない発言する義叔母が苦手

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3