guilty lovers

EP1〜出会い、19〜変化、46〜始まり、60〜葛藤、90〜転落、148〜罰

  • 記事数 296
  • 読者 369
  • 昨日のアクセス数 124

テーマ:小説 > 男女関係

2016/10/03 19:32:22

  • 59
  • 0

おれはその日の定時後、
待ち合わせをしていた。


「たかちゃん!」


「あ、優子。おつかれ。
ごめんな、急に呼び出して。」


「全然。
たかちゃんから呼び出しなんて
珍しいからびっくりしたよ。」


相手は同期入社の大島優子だった。
元アイドルの女優と同姓同名で、
入社当時はわざわざ顔を見に
大島の部署まで来る社員が
たくさんいたらしい。


しかし、
こんな言い方は失礼かもしれないが、
顔は全然似ていないし、
どちらかといえば地味な顔立ちだった。


お互いの呼び名については、
入社時に同期同士で取り決めた
あだ名で呼ぶことになっていたので、
おれはたかちゃん、大島は優子と
呼ばれていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 嫉妬

    2014/05/31

    私は青木さんの説明を聞いてビックリしていた。大島...

  2. 大島さん

    2014/06/04

    大島さんの履歴は、私が起きる1時間前ほどだった。...

  1. 似ている

    2015/03/04

    羽生結弦君をカテゴリ分けすると、及川光博と同じカテゴリに入...

  2. 大島さん

    2014/05/29

    大島さんの第一印象は、青木さんよりも年上に見えた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 「おばさん」と呼ばれる覚悟ない
  2. 妊娠中に席を譲られて戸惑った訳
  3. 見知らぬ子が敷地内で遊んでいた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3