やわらかく、強く

ちょっと大人の、ビターな恋愛小説です。

  • 記事数 85
  • 読者 25
  • 昨日のアクセス数 15

境界線(75)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/01 15:23:37

  • 5
  • 0

正樹はよほどお腹が空いていたのか、からあげをパクパクと口に運んだ。
そういう様子を見ると、正樹のためにご飯を作ることは嫌じゃないと思う。

かおりの料理に対して派手なリアクションこそないが、特に文句や注文を言う人でもなく、食べ物や味付けに好き嫌いもないため、楽と言えば楽なのだけど。

食事を終えてしばらくテレビを二人で観た後、正樹はそろそろ寝室に行くか、と腰を上げた。
「あ、明日遅くなるから。同期と飲んでくる。」
「ああ、私も懇親会で飲んでくるから、ちょうどよかった。」
「どこで飲むの?」
「新宿。正樹は?」
「たぶん、新橋。まあ、一緒に帰れたらと思ったけど、新宿からなら湘南新宿ラインか。」
「そうだね。時間によっては山手線で品川に行って乗り継ぐかもしれないけど。」
「そう。じゃあ、また帰るとき連絡して。」
「わかった。」
正樹は空いたビールグラスを台所に下げて、寝室へと向かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今夜はマーボ豆腐と茄子と玉ねぎのみそ汁、胡瓜の浅漬けとサラダ...

  2. 「ここのパスタ、けっこう美味しいんだよー」浅川さんがメニュ...

  1. 誘った!

    2015/10/01

    土曜日は、同級生とご飯を食べる約束だった。夕方過ぎに待...

  2. 66.6kg40.2%やっぱりヤンヒー飲んでると暴飲暴...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/28 編集部Pick up!!

  1. 介護必要な父のワガママに疲れた
  2. 出向してきた社員見てやる気喪失
  3. 直感で「ヤバい」と思った男性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3