First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 242
  • 昨日のアクセス数 27

知らない世界⑥

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/02 10:27:33

  • 51
  • 0

こんなに笑ったのって何年ぶりだろう?

夜中でハイテンションになっていることも

あるのかもしれないけど、心置きなく

笑いあえる仲間がいるって良いなーと

心から思った。

(まだ2日目だけど!笑)

マサもバイト先でこんな感じなのかな?

それじゃあ私なんて居なくても良いわけだ。

あ、やっぱり私の事はエッチの相手として

しか見てないのかな…。


だって私と居てもそんなに楽しそうじゃないし

すぐにエッチしようとホテルに行くし。


そんな事がチラッと頭をよぎった。

シュン君たちとバイバイして、学生会館の

裏口に着いた。




……えっ!?………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. セックス中継を綴ってる途中でしたが、どうしてもエッチな気持ち...

  2. 「みぃちゃん、仕事終わったよー!!」8時半頃、ようやくマ...

  1. バイト先の店から学生会館までは徒歩5分ほど。シュン君...

  2. それでもマサは叔母に「俺はミユを待ちます。ミユにもう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/25 編集部Pick up!!

  1. 「恋の下僕度」わかる心理テスト
  2. 義母に言い返した夫に惚れ直した
  3. UFOキャッチャーで遊んでいたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3