First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 252
  • 昨日のアクセス数 104

知らない世界⑤

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/01 18:24:04

  • 55
  • 0

シュン君とタクミ君とあずさ先輩と私、

その他数人が集まってくれることに

なった。

翌週の平日、みんなのシフトが空いている

時間帯、夕方のご飯に行こうということに。

ただ日にちとメンバーを決める話だけなのに

とても楽しかった。

時間を忘れて話し込んでしまいそうだった

けど、あずさ先輩に『ほら!ミユ帰るよ!』

と声をかけられ慌てて帰る支度をする。

その日はシュン君、タクミ君、先輩と私の

4人で帰った。

深夜だということを忘れてしまうくらい

バカ笑いをしてお腹を抱えながら帰った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. …………255タクミはシンにバイバイしながら1組...

  2. ………117古高の講義が始まる。合宿所の大会議...

  1. ………322いよいよ卒業式もクライマックス。蛍の光...

  2. ………103タクミが眠りの淵から這い上がる頃、2台の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/19 編集部Pick up!!

  1. 手作りチョコ渡しても食べない夫
  2. 小児科の受付は冷たい人が多い
  3. 義母が勝手に球根を植えて帰る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3