ふつふつと

日々の生活で感じた事

  • 記事数 49
  • 読者 9
  • 昨日のアクセス数 26

ブログに遊びに来ていただいた皆さんへ

しおりをはさむ

2016/10/01 12:39:11

  • 5
  • 5

こんにちは。
ややと申します。
この度は、こんな私のブログに遊びに来ていただいて有難うございます。

最近、立てたトピのせいなのか、かなりこのブログに遊びに来ていただける方が多くなっています。

それでこのようなブログを書くに至りました。

「おもろい人」と思って遊びに来ていただいたかもしれません。
けれど、「放射能」っていうマイナスイメージのある題材のブログを書いているので、それもかなり色々な方に怒っていたりするので、びっくりされた方もいるかもしれないと思います。
ギークなイメージを持たれた方も多いでしょう。

もともと、私はふつうのおもろい系の主婦で、政治は勿論、放射能なんて考えたこともありませんでした。
けれど、3.11で変わりました。

色々な有識者や専門家(主に大学の先生)、原子力研究施設、官庁、行政、議員さんなど各々二ケタ以上はお話を聞きましたし、膨大な時間を割いて情報も集めました。
資料を隠蔽されたり(殆ど黒く塗りつぶされた資料とか)嘘をつかれたり知らなくてあぜんとさせられたりもしました。
報道するべきマスコミが全く機能していないことも経験で知りました。
その中でも真摯に真実を伝えようとして大きな力に潰された方々も目の当たりにしました。

そして、私自身はある結論を持つに至りました。

「無知なままじゃ子どもたちが殺されてしまう」

ということです。

原発事故以降「復興」「絆」と人間の心に訴える様な報道ばかりされ、科学的疫学的医学的真実は全く報道されていないのです。

チェルノブイリは復興などしていないのに福島は復興などできるのか?
しかも、チェルノブイリは納棺出来ていて、福島は納棺などできていないのに・・・・・。


色々な周りの方にも訴えましたし、こういうネットでも訴えました。
一人でも多くの人に気づいて欲しい、子どもたちを守ってほしい、という願いによるものです。
しかし帰ってきたのは

「震災で深く傷ついているのに、これ以上傷つけるな」
「自分たちが何をやったって、誰がトップになったって一緒」
「何にも被害が起きてない」
「マスコミが何も言わないなら大丈夫」

と言う、およそ科学的根拠や知見、データなどとはかけ離れた多くの大人たちの声でした。

本当にむなしく思いました。

その怒りが、このトピに表れているのです。


お願いです。

「びっくり」ではなく、「知って気づいて行動」してください。
その行動は一本の電話、一本のメール、一回の投票、一回の検診、一回の署名でいいのです。
一人でも多くの子供たちを救ってください。

大人はこれから被曝しても自己責任ですし、被害も子どもに比べて少ないのですが。
子どもはこれから被曝をしていけば、それは減らすことができない、子どもたちの細胞は一杯一杯で悲鳴を上げてる状態なのです。

「時代が悪かったと子供たちには思ってもらうしかない」
と言った母親がいましたが、はたしてそうでしょうか?
調べもせず、「放射能汚染なんて大丈夫」と言い切ってる大人たちはこれからの未来に責任がとれるのでしょうか?


私に「頑張ってください」という人たちがいました。
哀れむように「食事とか大変ですね」と言う大人たちです。


他人事ではない、自分事ですよ、と、とても悲しくなりました。

コメント5

しおりをはさむ

  1. ややさん(47歳)ID:5313208・10/02

    マサコさん

    お返事ありがとうございます。

    最近、このブログに来られる方がとても増えていて、出来れば確実に証明できる事で皆さんの理解を深めたいのです。
    すみませんが、よろしくお願いします。

  2. マサコさん(87歳)ID:5312900・10/02

    ルカさん

    ルカさんが人口削減計画について信じることや理解できないことと同じように
    放射能汚染のことについてそう思っている人達が多いということなんだと思います。
    その人達は知識がないから。
    知ろうとしていないから。

    気づいた人、見えている人、知識のある人、関心のある人にはよく分かる問題も
    そこの次元まで達していなければ分からないのでしょう。

  3. マサコさん(87歳)ID:5312893・10/02

    ルカさん

    ルカさんが言っていることは真実だということを私は信じます。
    ですが、世の中は真実を「嘘だ」と大声で言う人が多ければ
    真実も嘘になってしまう。

    ということはやはり、本当のことに気がついて目が覚める人を
    一人でも多く増やしていかなければなりません。

    今は、耳を貸さない人ばかりでも、諦めずに伝えていけば
    だんだんと共感する人が増えていくでしょう。

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 絵本作家 児童文学の松谷みよ子さん…の御冥福を御祈り致しま...

  2. はじめまして。エイドリアンと申します。一歳の子どもがひ...

  1. 13

    09/02

    虚をつかれたような顔でアオが固まる。言っていい冗談と悪い冗談...

    蒼い風

    • 29
    • 1

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. スーパーのカート押して帰る女性
  2. 同居義母が義弟の家に通い妻状態
  3. 夫の元カノからSNSにコメント

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3