いとしいひと。

結婚するまでの忘れられない恋。 忘れられない人と8年ぶりに恋をした記録。

  • 記事数 88
  • 読者 84
  • 昨日のアクセス数 34

側にいたい

しおりをはさむ

2016/10/13 17:36:52

  • 10
  • 0

うなずきたかった。


でも

“うん、信じるよ”

って
簡単に言えない。


でも、彼の側にいたい。



言葉にできない気持ち。



私はそっと右手を差し出して

彼は手を握ってくれた。



さっと恋人つなぎに変えると

彼は車を出した。




着いたのは彼の家だった。

一人暮らしの部屋ではなく
実家。



彼の実家はお父さんが一人で暮らしてた。
お母さんは居なくて、育ててくれた祖母は二年前に他界したと聞いてた。



「こんな時間にお邪魔して大丈夫?」
不安になって聞く


「おやじ、仕事でいないから
誰もいないよ。」



そういうと彼は車から降りて私の手を引いて家に入った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 月日は過ぎ彼が研修を終えて帰ってきた。会社では顔...

  2. 先日、彼の実家の近所でお祭りがあった。早めに車で行かない...

  1. お父さん、お母さん、彼、私の4人で雑談。最近行ったという...

  2. 終始ドキドキしていた私は車の中でソワソワしていたそん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/19 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3