いとしいひと。

結婚するまでの忘れられない恋。 忘れられない人と8年ぶりに恋をした記録。

  • 記事数 88
  • 読者 81
  • 昨日のアクセス数 23

側にいたい

しおりをはさむ

2016/10/13 17:36:52

  • 10
  • 0

うなずきたかった。


でも

“うん、信じるよ”

って
簡単に言えない。


でも、彼の側にいたい。



言葉にできない気持ち。



私はそっと右手を差し出して

彼は手を握ってくれた。



さっと恋人つなぎに変えると

彼は車を出した。




着いたのは彼の家だった。

一人暮らしの部屋ではなく
実家。



彼の実家はお父さんが一人で暮らしてた。
お母さんは居なくて、育ててくれた祖母は二年前に他界したと聞いてた。



「こんな時間にお邪魔して大丈夫?」
不安になって聞く


「おやじ、仕事でいないから
誰もいないよ。」



そういうと彼は車から降りて私の手を引いて家に入った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 隆司さんのお母さんは、体が弱くて隆司さんをお腹に授かった...

  2. ののちゃんの家に着いた。ののちゃんは一人暮らしではなく、...

  1. 栗をたべてます。一人です、彼のご実家の庭の栗を彼...

  2. 彼の家に着いて、家に入る。なんとなく、旅行行ってきた感じ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3