ブログランキング46

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1423
  • 読者 2214
  • 昨日のアクセス数 9707

小説)虎57

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/30 19:36:41

  • 119
  • 0

色とりどりのライトがついた馬車や高い塔。その回りを囲むように、ライトのついた衣装を身につけたダンサー。曲に合わせて軽快に踊っている。

「きれーい!ああ!ミッキー!」
塔の上のミッキーを見つけて、大きく手を振る蘭子。俺も思わず手を振る。ミッキーが振り向き、手を振ってくれた。
「今、見たか!俺に手振ったぞ!」
「違うよ!私に振ったんだよ!」
そんな言い合いをして、笑い合う。

パレードが終わってシンデレラ城へ。蘭子の肩を抱き、眺めていると、ライトアップされた幻想的なシンデレラ城が俺を素直な気持ちにしていく。
「なぁ、蘭子…」
「ん?」
「これから、色んなことがあると思う……でもお前とはずっと一緒にいたい……だからよろしくな」
肩に置かれた蘭子の頭が上がり、俺を見上げた。
「今さら…」
大きなため息。そして笑顔。
「ヤスと一生付き合えるのは私しかいないでしょ!」
「お前なぁ!」
蘭子の顔を見る。
「よろしく…」
蘭子の顔が近づく。首に腕が絡む。俺の体を引き寄せる。重なる唇。すべてがスローモーションに見えた。

この日、俺達は永遠を誓った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    まいこ

    記事数 293 / 読者数 802

  2. 2

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 454 / 読者数 2247

  1. 3

    MyhoneyCin...

    9時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16867 / 読者数 3954

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 車の中、蘭子の手は俺の腕に絡み、その腕には蘭子の頭がちょこん...

  2. 駐車場に車を停めて、蘭子の手を取る。 「お前こそ……...

  1. 「たまんねーな…蘭子の顔……」 その頬を撫でる。蘭子...

  2. 最奥に入れたまま、腰を回す。俺のものにコリコリとしたものが触...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/21 編集部Pick up!!

  1. ペーパードライバーを克服したい
  2. 24歳息子が黙った母親の発言
  3. 共働きなのに給料日前日は残金0

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3