小説と愚痴時々子育てブログ

気まぐれに小説とか愚痴とか子育てのお話を。

  • 記事数 454
  • 読者 37
  • 昨日のアクセス数 2806

小さな鼓動 13

しおりをはさむ

2016/09/30 15:21:31

  • 6
  • 0

ナツくんはいつも通りではなかった。
子ども達の前でもほとんど話さなかった。

一度子ども達の前で泣き出した。
幸い子ども達は気づいていなかった。

私が「子どもの前で態度に出すな」と言ってからは、
私以外の人がいる時は普通にふるまっていた。



私は、一人の時に泣いた。

子ども達の顔を見ていると、お腹の子どもが産まれて成長した時のことを
想像した。

自分が笑っていると、
なんでこんな時に笑っているのか
なんで私なんかに楽しいことや嬉しいことがあるのか

自分自身を許せなくて
それでも笑っている自分が虚しくて仕方なかった。


それから、先生の「妊娠初期に15%ぐらいの人は流産する」という言葉を思い出していた。
もし、流産すれば……中絶よりも「仕方なかった」と思えると…。


自分の子の死を願うなんて……最低な人間だ。

でも心のどこかで、きっとこの子の心臓は動くと思っていた。
この子は生きようとしている……。


……そして、私はその命を自ら奪う……。


それは目をそらすことが出来ない現実だと……

繰り返し、繰り返し

考えていた……。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 出産にはなんの感動もありませんが、産まれてから育てる日々...

  2. 誕生。

    2015/01/11

    夏の暑さが過ぎ、秋になる頃。姉夫婦に待望の赤ちゃんが...

  1. そのうちにナツくんが帰ってきた。ナツくんは……泣いてい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/28 編集部Pick up!!

  1. 友人のインスタ見て嫌いと再認識
  2. ブランドの類似品買おうとする夫
  3. 家族に「死ぬの?」と言われた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3