First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 253
  • 昨日のアクセス数 65

大事な腕

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/30 22:40:45

  • 28
  • 0

マサ、大慌てで私の腕を掴む。

「やめてよ!」大きな声を出した。

(普通の人にはわからないかもしれないけれど

腕は大事な商売道具。

こんな力で掴まれて、使えなくなったら

どうしてくれるの??)


マサにはいつも話していた。

重い荷物は持たないようにしているし、

私たち音楽をやる人間がどれほど身体…特に

首、肩、腕に気を配って生活しているか…。


なのに、すごい力で掴んだ。

はっと気付き、慌てて「ごめん…!」と

手を離す。


「ミユ、ごめん。

今日は公園行こう!」と小さな声で言う。

ちょっとマサがかわいそうになり…

「じゃあいいよ」と着いていく。

でも…手を繋ぐ気にもなれない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 学校を出てとぼとぼ1人で歩いていると…公園のベンチにアキ...

  2. 腕の力が緩んできたところで私は本間君から体を離した...

  1. おっさんの鼻息が、荒い。高志は思わず立ち上がった。い...

  2. まぁ どちらでも良いのだが街中歩くなら 腕を組みたい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 年齢を聞かれ不機嫌になる理由は
  2. 毎日電話し行動把握したがる義母
  3. 出産してから変わったこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3