First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 251
  • 昨日のアクセス数 59

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/30 14:45:06

  • 37
  • 0

そっと部屋に入ったら、すぐに

あずさ先輩が入ってきた。

ミ「先輩?起きてたの???」

あ「当たり前じゃん!ミユ、どうだった?」

ミ「うーん…なんとかシュン君って人に

助けてもらって…」

あ「あいつ、イケメンでしょ?

いいやつだから、仲良くしな!!」

ミ「今、送ってもらったらマサがそこで

待ってたんだよ!!」

あ「え~~~~~!!!

ヤキモチ妬かせてやろーと思ってたけど、

ちょっとコワイな…。

そう来たかーーー」

私も、ちょっとヤキモチ妬いてくれて、

自分の行動を改めてくれたら良い…と

思っていたけど…

なんだかあのマサの行動には引いて

しまっていた…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    まいこ

    記事数 307 / 読者数 1145

  2. 2

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 465 / 読者数 2387

  1. 3

    MyhoneyCin...

    7時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16886 / 読者数 3957

  2. 4

関連するブログ記事

  1. シュン君にお礼を言って、学生会館の裏口に入ろうとしたら…...

  2. 『はぁ~緊張したぁ………』マサ先輩。『そうなんですか?(...

  1. 帰ってあずさ先輩に報告!今度は褒めてもらえた!(笑)...

  2. 『俺…と?二人?何で…?』マサ先輩。『そうです』私。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/24 編集部Pick up!!

  1. 孫の祝いを張り切る義父の一言
  2. 異性の数年来の連絡は下心あるか
  3. 孫は「虚栄心を満たす為の道具」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3