guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 673
  • 昨日のアクセス数 192

テーマ:小説 > 男女関係

2016/09/30 14:14:59

  • 84
  • 0

「分かった。この一件について
君に聞きたいことは以上だ。
高橋くんは優秀な社員だと聞いている。
くれぐれも自分の足を引っぱる者には
注意しなさい。
もう仕事に戻ってもらって構わんよ。」


部長はそう言って立ち上がった。
課長と俺も立ち上がり、
「失礼します。」と言って部屋を出た。


自分たちの部署へ戻る廊下で、
課長がまた立ち止まった。


「分かってると思うけど、高橋くんは優秀で、
同期入社の社員の中でも1,2位を争ってる。
この件を知っているのは、
さっきの部屋にいた3人だけだけど、
写真を撮った本人が、
高橋くんの足を引っ張るために
適当な噂を流す恐れがないとも言い切れない。
もしそういう噂が立っても、
君は堂々としていなさいね。
何か困ったことがあれば私にいつでも
相談してくれて構わないから。」


「…ありがとうございます。」


嘘をついたのに、それを信じて
味方してくれようとする課長には、
申し訳ない気持ちでいっぱいだった。


しかし、嘘をつくと決めたのだから、
その嘘は最後までつきとおすしかない。
あとは、梨紗の採用に影響がないように
祈るしかなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 課長は、面白がって企画書を読んでくれ、社内の会議にかけるか...

  2. ………そのぶつかった人が大阪から移...

  1. 内示が出た「高橋君なら、どこでも頑張ってくれると思う」...

  2. 新入社員だし…お酌して回った方がいいのかな…「うちはそ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3