やわらかく、強く

ちょっと大人の、ビターな恋愛小説です。

  • 記事数 85
  • 読者 25
  • 昨日のアクセス数 14

境界線(74)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/30 10:49:03

  • 5
  • 0

かおりは一度寝室に入り、素早く部屋着に着替え、台所に戻った。

さて、と気持ちを切り替えて、買ってきたばかりのとりのもも肉を、パックから取り出す。
適当な大きさに切った後、ビニール袋に入れて、味付きのからあげ粉をまぶす。
粉をなじませる間にサラダを作ろう。あと、わかめスープのためにお湯を沸かして…

バリバリ仕事をしているとはいえ、大学時代から独り暮らしで自炊していたため、家事歴は長く手際よくこなせた。

かおりは、まわりからよく「生活感がない」と言われていたが、正直、普通に主婦をしているのだけど、と思う。そんなに何もしてないように見えるのかなと。

「生活感がない」というのは、今の浅川麗子ならぴったり当てはまるように思う。
麗子の自由な暮らしぶりを聞いているととても「主婦」ではないからだ。
でも世間的には麗子の方が家庭的に見えていて、料理が上手そうだと、他の同僚も話していた。

かおりも、麗子は仕事よりも家庭が向いている人だと、なんとなく感じとっていた。
きっと、前の結婚では、「いい奥さん」だったのだろうと。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. こんにゃくの甘辛いためを作ろうと思って、ごま油で鷹の爪をいた...

  2. 「何々それ⁉︎先生どういう意味⁈」香織ちゃんがつっか...

  • このページのトップへ

    GIRL’S TALKにログインする

    Ameba新規登録(無料)はこちら

    4/29 編集部Pick up!!

    1. 障がいある子が嫌いな子持ち
    2. 妊婦に席を譲ったらBBAが邪魔
    3. バツあり子持ちは「泥棒」と思う

    人気ブログ記事ランキング

    1. 1

    2. 2

    3. 3