やわらかく、強く

ちょっと大人の、ビターな恋愛小説です。

  • 記事数 85
  • 読者 25
  • 昨日のアクセス数 12

境界線(73)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/29 21:15:16

  • 3
  • 0

「おかえり、遅かったね」
居間でテレビを観ていた正樹がかおりの帰宅に気づいて振り向いた。
「うん、明日の準備がなかなか終わらなくて帰れなかったんだ。」
「そう。待っててお腹空いたよ。」
正樹は20時には帰り着いてから、1時間くらい何も食べずに待っていたようだった。
かおりは買い物袋を台所まで運び、ふーっとため息をつく。
「ごめんね。これからすぐに作るから。」

正樹が台所に立つような男ではないのは、義父を見ていてもわかる。
かおりも正樹に無理して作って欲しいとは思わないが、もう少し気の利いた言葉を言えないのだろうかと思う。そして言いようもない疲労感が襲う。

それでもわざと明るくふるまい「今日はからあげだよ。」と、正樹の機嫌をとった。
正樹は「じゃあ待ってる」とテレビに目を向けた。
それはいつもの会話。
しかし今日はなぜか、かおりの中で感情が濁り始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 義実家でバーベキューの準備をする。炊飯器に入った残りのご...

  2. 結局、旦那が帰り遅くなるようだったから8時半に授乳したあとに...

  1. 1人 no2

    2016/03/15

    1人で寂しいなって思うのは、食事の時自分で作って、自分で...

    • 4
    • 5
  2. 同居してる叔父、今日はバイトが休みで家におります。義父母は...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 義母に勝手に封書開けられて不快
  2. 高齢女子ランチ会で被災地支援
  3. 周りが敵にしか感じない新入社員

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3