アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 ツバサとタケルの恋編

  • 記事数 506
  • 読者 255
  • 昨日のアクセス数 1478

Rei is life 105

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/30 05:18:44

  • 29
  • 0

空き教室に入った


2人共沈黙のまま最初に口を開いたのは


レイ「ハル?昨日は先に帰ってごめんなさい・・・
それと・・・来てくれたのに・・・追い返して・・・
ごめんなさい・・・(ノ_・、)グスン」


ハル「レイは何も悪くない。俺が悪い。
だいたい予想はついてるけど話してくれる?」


コクりと頷き話始めた


レイ「昨日、部活見てたでしょ?」


ハルは黙って頷きながら聞く


レイ「最初はね?気付かなかった・・・でもね・・・
ハルが私に微笑んでくれたあとから・・・」


言葉につまり話せなくなり俯き涙を我慢する


その時、ふわっと抱き締められ


抑えてた涙が溢れだす


ハル「ごめんな?嫌な思いしたな・・・
不安だったよな・・・ごめん・・・ごめん・・・
でもな?俺の気持ちは変わらないよ?レイだけ
それだけはわかって?レイ・・・」


うんうんと頷き返事をする


よしよしと抱き締めたまま頭を撫でてくれる


ハル「だけどな、相手は先輩だしマネだし・・・
正直、俺もどうしたらいいかわからなかった
でも、今、レイの気持ち聞いて決めた。
ちゃんと先輩に話す。」


顔を上げハルを見た


レイ「でも・・・気まずくならない?」


ハル「それでもしょうがないでしょ?
それとも今のままでいい?レイは」


レイ「いやっ❗やだよ~(*T^T)」


ハル「わかったから泣くな🎵ちゃんとするから」


レイ「うん🎵ありが・・・」


話終わらないうちに唇が塞がれた


最初は啄むようなキス『ちゅ ちゅ』


段々と大人のキスに変わり


舌が割って入ってきた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. いつものハルくんじゃなく何となくイライラしてるように見...

  2. ハルの腕枕でピロートークハル「大丈夫か?体痛くない?」...

  1. 気になってた事を聞いてみたレイ「ハルってさ布団派なの?...

  2. ハル「んーそれは、それが答えなのかなと 思った訳。先...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/26 編集部Pick up!!

  1. 会費制の披露宴 金額に驚いた
  2. 知り合いの犯罪行為を目撃した
  3. 動物が目の前で自動車に轢かれた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3