First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 217
  • 昨日のアクセス数 23

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/29 11:20:55

  • 62
  • 0

「ミユの歓迎会だけどさ~、いつに

する?」とシュン君が聞いてきた。

「え?歓迎会なんかしてもらえるん

ですか?」と私。

「そりゃそうだよ、今日から仲間じゃん」


………。

幼少の頃から、バイオリン、バイオリン…

の毎日で、音高に入ってからは、周りは

みんなライバルで…。

オーケストラの歓迎会とか出たことは

あったけど、別に本当に「歓迎」されてる

感じはしなかったし、

「仲間」なはずなのに、足の引っ張り合い

のようなこともチラホラあり…。

なんだかシュン君の言葉に温かいものを

感じ、嬉しくなった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 548

    2016/04/23

    シュン君はガブガブビールを飲んでいた。え?早...

  2. 660

    2016/05/18

    夏休みだからってみんな遅くまで遊んでいた。今だから...

  1. 小1時間ほどですっかり酔っぱらいのみんなはなにやら歌を歌...

  2. 635

    2016/05/14

    シュン君のこと、なんとも思ってないなんて言えなくて。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3