First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 247
  • 昨日のアクセス数 67

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/29 11:20:55

  • 63
  • 0

「ミユの歓迎会だけどさ~、いつに

する?」とシュン君が聞いてきた。

「え?歓迎会なんかしてもらえるん

ですか?」と私。

「そりゃそうだよ、今日から仲間じゃん」


………。

幼少の頃から、バイオリン、バイオリン…

の毎日で、音高に入ってからは、周りは

みんなライバルで…。

オーケストラの歓迎会とか出たことは

あったけど、別に本当に「歓迎」されてる

感じはしなかったし、

「仲間」なはずなのに、足の引っ張り合い

のようなこともチラホラあり…。

なんだかシュン君の言葉に温かいものを

感じ、嬉しくなった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 相談

    09/01

    シュンさんが帰ってきた私『おかえりなさい。お邪魔してます...

  2. 784

    06/13

    そのあとなんとなくシュン君と気まずくなって「シュン...

  1. 腕のなか

    2015/07/05

    『ねぇ、シュン私のこといつから好きになってくれてたの?』...

    一歩ずつ

    • 103
    • 0
  2. 気づいたら朝でチャイムの音で目が覚めたカナさんが玄関を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/26 編集部Pick up!!

  1. 自分がキッカケで友人同士が不倫
  2. 知り合いの犯罪行為を目撃した
  3. 夫が「親権くれたら離婚する」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3