First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 239
  • 昨日のアクセス数 67

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/29 11:20:55

  • 63
  • 0

「ミユの歓迎会だけどさ~、いつに

する?」とシュン君が聞いてきた。

「え?歓迎会なんかしてもらえるん

ですか?」と私。

「そりゃそうだよ、今日から仲間じゃん」


………。

幼少の頃から、バイオリン、バイオリン…

の毎日で、音高に入ってからは、周りは

みんなライバルで…。

オーケストラの歓迎会とか出たことは

あったけど、別に本当に「歓迎」されてる

感じはしなかったし、

「仲間」なはずなのに、足の引っ張り合い

のようなこともチラホラあり…。

なんだかシュン君の言葉に温かいものを

感じ、嬉しくなった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 少年が飲み会の日・・・やっぱり連絡なかった・・・いろい...

  2. 「おまたせー」私が駆け寄ると、シュンはにっこり笑って手を...

  1. シュン「ケイゴには話してあるから、安心してな」「あ、...

  2. 532

    2016/04/21

    またまた登場(笑)沙羅です。しつこいと思わずつき...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/30 編集部Pick up!!

  1. 低所得なので税金に殺されそう
  2. 求婚された知人がお花畑で引く
  3. 同僚の頻度高い「ちょうだい」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3