再会から7年の物語

私が⁉ 妻なのに好きな人が出来ました。

  • 記事数 161
  • 読者 258
  • 昨日のアクセス数 56

最悪なキス……

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/28 00:38:10

  • 28
  • 0

私の返事を
待たずに
マサヤは
助手席に乗り込んだ

「ちょっとー!💢」

「後ろ話しにくいです!あと20分だけ(笑)」

ったく!

「で?ゲームは楽しい?」

「めちゃリアルで楽しいーっす!(笑)ゲームの中にリアルな友達とかいて!そいつが今リアルにゲームしてると分かるんですよ!(笑)楽しいーっす!(笑)」

「へぇー……何言ってるか半分くらいは分からない‼」

「あっ!スミマセン💦💦」

「ねっ!年齢差があるとこーなるょ!(笑)」

「そこが楽しいです!(笑)」

「私は楽しくないょ💦💦」

「じゃぁーミナさんの話しましょうょ!」

「話す事ないよー!」

「あー……今日の靴!可愛いですね!(笑)」

私は足元を
見ながら
答えた

「これ?可愛いよね(笑)……お気に入り(笑)」

瞬が新宿で
買ってくれた靴
……瞬はなにしてるかなぁー?……

「ミナさん……」

「んー?……!!!」

視線を足元から
マサヤの方へ
そこにはドアップの
マサヤの顔
そして唇が
重なった

何が起きた?……

「ミナさん!オレ好きです!ミナさん結婚してるけどオレと結婚してください!!ちゃんと働いてミナさんの子供もちゃんと育てます!!」

「…………」

「え?」

「降りて……」

「ミナさん!オレ本気です!」

「降りてよ!!いきなり……こんなの良くないょ……」

「スミマセン……」

「それともアレ?若い子の間では普通なの?!」

「イヤ……違います!」

「同意じゃないとしちゃいけない事だょ……」

「スミマセン!でもオレ本気です……」

「車に乗せた私がいけなかった……無かった事にするから降りて……」

鳥肌がたった
瞬に申し訳ない……

「スミマセンでした……でも考えてみてください」

マサヤは車から降りた

腹が立ってしかたない
私も車から降りて

「ねー!」

「はい!!」

「年収いくら?」

「はい?」

「年収!」

イヤな女になってやれ!

「年収っすか?400万くらいです!」

「私と結婚したいなら最低1000万はないと無理!」

「えっ……あっ!はい!」

「いつになったら1000万稼げるの?子供の習い事、学校、私の化粧品に旅行代!家も新しくないとイヤだし最低3LDKリビングは20畳は欲しい!……叶えられる訳?……子供を育てるってそんなに簡単じゃない!それに……私もう子供は産まないよ!」

「…………」

「簡単に結婚なんて口にするから!返す言葉もないんでしょ?!」

「オレ…………」

「何?」

「頑張ります……ミナさんと一緒に居たいから……」

「バカなの?……まだ若いんだから、ちゃんと自分の人生を生きなよ!!…」

「ミナさんと一緒に居られるなら……それがオレの……」

ピッピー♪♪

マサヤの言葉を
車のクラクションが
遮った…………

「ミナ!……」

リョウコだ!

リョー「何してんの?(笑)…………」

私「別に‼……」

リョー「ふーん……そこ車停めまーす(笑)」

マサヤと私の間に
リョウコは車を停めて
降りてきた!

リョー「マサヤ!あんたミナに何かしたの?(笑)」

黙り混むマサヤ

私「別に(笑)中はいろっか?(笑)」

私は荷物を取りに
歩きだした

マサヤ「オレ…………ミナさんにキスしました!」

!!!バカ?

マサヤ「オレ!プロポーズしました!ミナさんに!」

リョー「はぁーっ!💨アンタはバカなの?(笑)」

マサヤ「バカじゃないです!真剣です!」

リョー「バカでしょ?!ミナは結婚してるの!わかる?」

マサヤ「知ってます」

リョー「なら分かるよね!!子供も居るの!」

マサヤ「知ってます」

リョー「で?ミナはなんて?」

マサヤ「年収聞かれました!!」

リョー「で?いくら貰ってるの?」

マサヤ「400」

リョー「あぁー……無理だね!(笑)ミナは金かかるよ!」

私「ちょっと……リョー!」

リョー「旦那の稼ぎ良いからね!マサヤには無理だ!」

マサヤ「頑張って働きます!」

リョー「じゃぁー見合う男になってプロポーズしなさい!わかった!」

マサヤ「頑張ります!!」

リョー「じゃぁーコレで話は終わり!呑むよ!」

あっさり話を
終わらせてくれた…………


私「ごめん……今日は帰る……」

マサヤ「…………」

リョー「了解!伝えとくよ!気を付けて帰りなよ!(笑)」

私「ありがとう…………」


瞬の事が頭から
離れなかった
瞬に話さなきゃ…………

車を近くの
コンビニに移動した

…………ふぅー……まずはLINE……

『瞬?ちょっと話せる?』

すぐに既読になって
電話がきた……

♪♪♪♪♪…♪♪♪♪♪…

「ミナ?どーした?(笑)」

「話があって……」

「おぅ……良いよー(笑)逢うか?!……てか、今日は会社の忘年会じゃなかった?」

「うん……ちょっと面倒になって行くのやめたの……」

「そうなんだぁー!じゃぁー飯でも食う?今仕事終わったとこなんだぁー(笑)」

瞬の声が
今日はちょっと
遠くに聞こえて
切なかった……

「んー………カラオケで何か食べない?」

フタリだけの
場所で話したかった

「良いねー!じゃぁー北口のカラオケでいい?(笑)」

「ぅん……じゃぁー後で‼(笑)」

ちゃんと話さなきゃ…………
言わなきゃわからない
でも……それはイヤだった……

瞬はなんていうだろう…………


…………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. お願い私と居る事を選んで………「オレは……」「ち...

  2. 子供への影響よりも 自分の快楽を取る親ってどうなんかな ...

  1. ジャイ…ゲームの チャットの皆さんゲーム始めると用事を言...

  2. 何の話の流れかは忘れた。「鈴木さんだって若い子の方が良い...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 託児グセある姉に「勘弁して」
  2. 7年に渡る不妊治療で泣いた女性
  3. 幼稚園の娘と居ると苛々する母親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3