再会から7年の物語

私が⁉ 妻なのに好きな人が出来ました。

  • 記事数 133
  • 読者 237
  • 昨日のアクセス数 1067

マサヤ急接近

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/27 17:08:33

  • 29
  • 0

夫婦にもある
価値観の差
そういうの…………
瞬とは作りたくなかった

「ミナ!年が開けたら行きたいところがあるんだけど
月に一万貯めよう!(笑)」

「どこ?」

「TDL(笑)」

「TDL?💦💦」

「行きたい〰〰〰〰(笑)ね!行こう」

「良いけど……私乗れないの……マウンテン系……💦💦」

「そうなの?意外だね(笑)……大丈夫!手繋いでてやるから!なっ!(笑)」

「恥ずかしいよ30過ぎてるのに…………」

「TDLは歳関係ないでしょ?(笑)オレデートとかで
行った事なくてさぁー!子供とだけだから…………
デートしたい!」

「私もないょ!(笑)……実は年内にマナミと子供連れて行こうって話してて……でも子供一緒だと数乗れないし…………詳しくないし💦……一緒に行ってくれるなら行きたいなぁー(笑)」

「決まり!ミナと行きたい〰〰(笑)」

「うん(笑)」

「やっぱりミナは笑った顔が1番可愛い(笑)」

「ぁ、ありがとう(笑)」

そんな話をして
私達は帰りに向かった

…………

従業員駐車場

「瞬!ありがとう!楽しかった!(笑)」

「オレも(笑)」

「長く居ると……寂しいなぁー……」

「またすぐに逢えるよ!(笑)……チュウしよっか?(笑)」

「……ぅん……」

壁に向かって
停められた車
瞬は私の肩を
引き寄せて
キスをした


ちょっと濃厚
?!
!!!
「瞬!!……もう!💦💦」

「あれ?イヤだった?(笑)」

「そうじゃないけど……瞬大きくなってるから」

「あれ!?ホントだぁ〰〰(笑)元気だね!息子!」

瞬のモノは
ジーンズの上から
でも分かるくらいに
大きくなっていた

「キスなんかしたらアッッッッと言う間だよ(笑)……どうする?(笑)」

「どーもしない!バカ(笑)………………」

「何?思った事があるなら言う!(笑)」

「そんな状態で帰ったら心配…………トシ子…………」

「ばぁーか!(笑)家に着いたら完全に死んだ目になるから心配ない!完全にオフだよ!(笑)」

「逢えない時はどうしてるの?」

「逢えない時?んー別に」

「そのー……あのー……1人でしないの?💦💦」

「しないよ!ミナと逢うとオンになるけど……あとは完全にオフだから!心配ないよ(笑)」

「一緒だとスゴいエッチだよ!心配になっちゃう💦💦」

「信じてもらうのは難しいかな?(笑)でもミナは?好きでもないのに出来ないでしょ?」

「出来ない‼でも男は違うでしょ?……」

「ミナにしか性欲出ないから!でも!もし!どぉーしてもしたくなったらシャワーしながら1人でする!昨日のミナを思いだしながら(笑)我慢出来なかったらね!(笑)」

「ぅん!1人ならいい!」

「オレはミナ以外とはしないよ!(笑)」

変かも
知れないけど
嬉しかった

お互いに
お互いだけ
そんなの当たり前
じゃないって思う……
人はどーでも良いけど
私はイヤ

…………

旅行が思って
12月はお互いに
忙しく
なかなか逢えなかった

仕事もそれなりに
忙しく
バタバタしていた

「ミナ!お疲れ〰〰💦💦疲れたねぇー!」

話しかけてきたのは
一つ上のリョウコだ

「ホント!バーゲン的なのは疲れるね〰〰(笑)」

「まったくだよ!ちょっとだけの手当てじゃー厳しいよね💦💦!…………あ!そうそう!忘年会いく?」

「まだ返事してない!リョーは?」

「行く〰〰💦💦暇だし!(笑)行こうよ!」

「んー……マサヤくんも来るでしょ?」

「らしいよ!……!!ねぇーミナとマサヤって何かあるの?」

「なんで?💦💦」

「だって!マサヤにも聞かれたから!(笑)……あやしいなぁー(笑)」

さすが!リョー💦💦

「んー…………告白…………された……」

「!!!はぁ〰〰〰〰〰〰〰〰?!マジ?」

「ぅん……好きですみたいな……💦💦」

「なに考えてのアイツは?!アホだな!」

「……会うとちょっと面倒って思って」

「まぁ〰ミナにその気がなければ大丈夫でしょ(笑)」

確かに……

「行こうよ!参加無料だし(笑)ねっ!」

「ぅん……わかった……」

サービス業だからか
ウチの職場の忘年会は
遅い時間からだ
……行くって決めたからには
楽しまなきゃ…………


…………


忘年会の日

更衣室で着替えて
駐車場へ向かった

「ミナさん!お疲れーす!(笑)」

!!
ゲゲッ
マサヤだ

「ぁ、お、お疲れ〰〰💦💦」

「車で行くんですか?(笑)」

「ぅうん!乗ってった方が帰り近いから💦💦」

「乗せてってもらっても良いですか?(笑)」

「えっ?💦💦………………」

「ダメですか?」

暗い顔すなよ!
アァーッ!もう!

「良いよー!後ろに乗って!」

「イェーィ!あざーす(笑)」

マサヤを乗せて
25分の移動……
長いなぁー💦💦

「ミナさん!」

「んー?」

「良い匂いしますね(笑)」

「!!!……ぁ!あーっ芳香剤かな?💦💦」

「ミナさんの匂いじゃないですか?(笑)」

「そお?!……香水とか付けないよ私💦💦」

「シャンプーかな?(笑)……ここから匂いますね(笑)」

マサヤは私の
うなじに触って
後れ毛を指で
かきあげた……

「!!!ちょっとー!やめて‼危ない!」

「スミマセン(笑)……なんかドキドキします!」

「ちゃんとして!💦💦」

「ちゃんとして!って久しぶりっす(笑)」

「怒るよ!バカちん!💢」

「バカちんて(笑)」

ムカつく‼
生意気!
でも落ち着け!
歳上の冷静!
保て!私!

「触らない!わかった?!」

「ほーぃ!(笑)」

ムカつく‼

「まだ時間ありますねー(笑)」

「そうだねぇー」

遅番の人の参加もあり
開始時間まで
あと30分……
話す事ないなぁー……

「コレって誰の曲ですか?」

「これ?MONKEY MAJIK、知らない?そんなに古くないけど…………」

「古いとかじゃなくて、オレ、アニソンしか聞かないからぁー(笑)」

「ホントに?💦💦キモッ!(笑)……」

「アニソンしか!は嘘です💦💦普通に知ってますよ」

「休みは何してんの?」

「ゲームしてます💦💦」

「暗っ!1人で?」

「あー……1人の時とフタリの時と💦💦」

「根暗?(笑)」

「前に行って良いですか?……ミナさん……」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 誕生日プレゼントは質屋の購入品
  2. 「神ってる」を初めて聞いた
  3. クリスマスに結婚式とかやめて

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3