シホとのんちゃん。

掴み所のないのんちゃんに振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 224
  • 読者 497
  • 昨日のアクセス数 424

満たされる

しおりをはさむ

2016/09/27 03:23:08

  • 58

テーマの通りです。
お気を付けください。








のんちゃんちに着くと、ベッドに押し倒され、長いキスをする。

あら、珍しい…
いや、珍しくないか、最近は。

トラちゃんとの一件があって以来、のんちゃんはあまりドM要素を出さなくなった。

シホとしては寂しいけどー(笑)

でもその代わり、男らしくなったというか…強引さもあるんだけど、すごく優しく愛してくれる。
だから物足りないとかそんなことは全く感じず、それどころか更に心が満たされる様になった。

多分、のんちゃんのドM要素はトラちゃんとの行為から生まれたもの。
シホがそれを感じないように、思い出さないように、そういうエッチをやめたのかな…。

無理させてる…?って不安にもなるんだけど、のんちゃんを見てると幸せそうな表情をしてるから…大丈夫なのかな?とも思う…
真意は分からないけどね。

爪を立てながらシホの鎖骨や背中をなぞる。

「んんんっ…」

ゾクゾクしながら体を震わせる。

ブラウスを全て脱がさず、ブラジャーをずらして乳首を口に含む。

別にお家だから全部脱いだって恥ずかしくないんだけど、わざと全て脱がされずにされる行為は、悪いことをしてるみたいで、シホものんちゃんも大好き♡

グッとスカートの下のストッキングを下げられる。

ビリッ…
破れた音がした(笑)

「あ。
ごめん(笑)」

「あー…やっぱ3足1000円は破れやすい~!(笑)
どこ破れちゃったー?」

のんちゃんがスカートの中に潜る。

「腿の付け根のとこだ…
あ、そうだ。」

ビリッ。

更に穴を大きくして、のんちゃんの指がストッキングの穴から入り、太腿の付け根をなぞる。

「んーっ…はぁっ」

下着の足の穴の部分をズラし、クリに舌を這わせる。

「はぁぁん…」

しばらく舌で弄ばれる。

「のんちゃ…もうだめ…」

「…入れるよ。」

破れた穴からのんちゃんのがシホの中に入ってきた。

水音が響く。
履いたままの下着もストッキングも汚れちゃうな…
のんちゃんに犯されてるみたいな錯覚に陥って更に濡らしちゃう…

「シホ…」

呼び捨てにされ、更にゾクゾクする。

「好きだよ…...うっ…」

のんちゃんの言葉と眉間にシワを寄せて堪えてる顔に更に感じてしまう。

「あ、あ、もうだめぇ…のんちゃ…いっちゃ…」

「俺もイクっ…」

ぐっと奥まで突かれる。
のんちゃんのものが痙攣する刺激で、シホも果てた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 夫と同棲する女性に慰謝料請求
  2. 最近の女性は気が利かないと思う
  3. 夫の連れ子にだけ食事を作らない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3